転職に関する悩み

未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

  1. HOME >
  2. 転職に関する悩み >

未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

 アイキャッチ画像-未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

未経験者歓迎・経験不問の求人をよく見るけど本当に採用されるの?ブラックなのでは?

そう思う方もいるのではないでしょうか。

今日はそんな未経験者歓迎や経験不問の求人の背景や募集理由をお伝えしたいと思います。

未経験歓迎や経験不問のウソと理由

まず、未経験者歓迎や経験不問のを掲げている会社の理由は4つ。

  • 求人掲載を請け負った人材会社の都合
  • 人気がない企業の求人
  • 業績が伸びて人材が足りないケース
  • 経営陣から期待されているケース

4つのそれぞれの見分け方ってどうなのかな?

一つずつ解説しながらお伝えしますね。

スポンサー

未経験者求人と経験不問の理由:人気がない企業と人材会社の都合

 誰もいないオフィス.

人気がない企業の求人・求人掲載を請け負った人材会社の都合にあたる項目はこちら。

  • 毎年離職者が多いので大量に採用したいケース
  • 100人雇って20・30人残ればよいと考えている場合
  • ずっと求人が掲載している(掲載期間が過ぎてもずっと再掲載されている)

表向きは研修もしっかりしていますが、研修が終わり業務に就くと劣悪な職場であるケースがあります。

不人気企業やブラック企業を判断する3つの基準

不人気企業やブラック企業に引っかからないための判断基準は次の3つ。

  • 口コミサイトを通じて応募企業は大丈夫なのか調べる
  • 同じ業界にいる人に情報収集をする
  • 内定をもらった場合、書類選考や面接の際に雑に扱われてなかったか

会社に入社した後、どのように働くのか具体的にイメージできるかどうか。

このあたりを確認してみましょう。

口コミサイトを通じて応募企業は大丈夫なのか調べる

方法の一つとして、口コミサイトを参考にするといいでしょう。

実際、入社した人がどんな経緯で退職したのか中にいた人のリアルを見ることができるからです。

口コミサイトは企業の口コミや評判が書かれている転職会議が情報量も多く便利です。

どんな社風なのか、社員の人間関係はどうなのか、働く環境やこの会社で長く働きたいけどどうかなあ?

そんな疑問がリアルに書かれております。

1つ注意しておきたいのが、くまで参考までにとどめておくこと。

なぜなら、辛い思いを抱えて退職した人が多いためネガティブな理由が多いからです。

100%プラスの理由で退職する人は少ないもの。

社内の環境・社風を一つの指標として捉えておく方が良いでしょう。

同じ業界にいる人に情報収集をする

同じ業界にいる人が友人・知人にいたら情報収集を行いましょう。

悪いウワサというのは、同じ業界の声から聞こえてくるものです。

営業さんや事務職の人だと取引先の業界の話を引き出すとものすごくリアルな声が聞こえます。

転職の相談すると、あーあの会社ね!周りから聞いたことあるよ!なんて声もチラホラ出てきます。

例え出てこなくても、残業が多い業界など情報が収集できるのでオススメです。

内定をもらった場合、書類選考や面接の際に雑に扱われてなかったか

面接の際、雑に質問されませんでしたか?

配属される部署によって違うというようなあいまいな返事を面接官にされていないかどうか。

あなた自身の人生を左右する転職活動。決してゴールは就職することでなく、あなたらしく働ける会社かどうか。

採用担当者は面接の転職理由や前職の経験をちゃんと聞いてくれましたか?
あなた自身も面接官を面接している気持ちで面接を受けましょう。

アラサーで転職失敗する人も多く、失敗しないための対策も書いているので参考にどうぞ。

アラサーで転職失敗。アラサーで転職失敗した時の対処法-
アラサーで転職失敗。アラサーで転職失敗した時の対処法

続きを見る

スポンサー

未経験者求人と経験不問の理由:業績が伸びて人材が足りないケース

分析データをタブレットで表示している.

新規事業の進出や急激に成長したという理由で急いで社員を補充したい場合がおもな理由です。

本当は経験者がほしいけど、それよりもとにかく人材を確保したいと思っている場合、未経験者でも仕事を一から育てて長く働いてくれる人を探しています。

他業種での経験や知識が豊富な場合、また活かせる見込みがある人や会社に貢献してくれる人を探している場合があります。

デメリットもあるので、面接の時に確認する必要があります。

注意

入社後は業務過多で不安定な状態で働く場合がある

必ずしもデメリット、ミスマッチをなくすためにも面談で業務内容の確認と残業時間など確認する必要があります。

スポンサー

未経験者求人と経験不問の理由:経営陣から期待されている

スーツを着て眼鏡をはずす女性

経営陣から期待されているケースがこちら。

  • 会社の優良求人で、間口が狭く難易度が高い場合
  • 未経験者の方が経験者よりも高い成果に期待していてあえて未経験者を募集する場合
  • 優良求人だけど求められるレベルが実は高いケース

優良企業に未経験で転職できた場合、ポテンシャルや能力を買われた場合です。

なので、企業の期待が非常に高いので、ハードルが非常に高いことを理解しておくことが大切です。

企業が求めている人材(一例)

  • やる気
  • やりきる能力
  • 結果を出すまでのビジョンが明確
  • 学歴
  • 英語力
  • 経験以外のもの
  • ポテンシャルがシビアにみられる

企業が求めている人材を想定した一例を想定しました。

仕事内容や会社のホームページ、求めている人材が掲載している場合は、参考にしましょう。

そして、その情報を元に自分の実績や経験を結びつけて会社に貢献できるかを具体的に伝えることが重要です。

経営陣から期待される基準に共通すること

条件が良いほど、求めているレベルも非常に高く、競争率が非常に激しいです。

良い条件を想定してみました。

  • お給料が高く残業も少な目で福利厚生もしっかりしている
  • 人気職である広報・企画職・秘書などの仕事
  • 駅チカ、都心部にある

こういった会社は応募数が非常に多い会社です。

そういった会社をどうしても受けたい!という場合は仕事内容をしっかりと読み解き、どんな人物像を求めているのかをアピールする必要があります。

また、上司が面接官の場合があります。

その面接官とうまくやっていける場合があるか相性もあります。

この面接官と合わない価値観が違うといった場合、人間関係で苦労する場合があります。

言い方がキツイと感じたり威圧的に感じるそう直感したときはその人と一緒にずっと仕事することも想定して内定を決めましょう。

なんでそんなこというの!せっかくやる気出してるのに!と言われるかもしれませんが、実際にあった話です。

受け止め方を間違えるとパワハラに発展する場合もあるからです。

あからさまにため息をついて、言い方に威圧的を感じたり、この人とうまくいくかどうかを面接の段階であなた自身が見抜くことも大切なので頭にいれておきましょう。

会社や仕事がしんどいくて辛いのは当たり前なのか。判断基準はこちらに詳しく解説しています。

タイトルアイキャッチ
会社や仕事はしんどくて辛いのは当たり前?ツラくてしんどい時の解決策

続きを見る

スポンサー

優良求人の未経験歓迎・経験不問のメリットとデメリット

男性PCの前で考える

未経験歓迎と経験不問の有料求人のメリットはこちら。

  • 自分のキャリアを積むことができる
  • 自分の成長や能力を身に付けることができる
  • 自分の価値を高めることができる

会社の求められるレベルは非常に高い

ポテンシャルや能力が買われて採用されましたが、業務経験者と肩を並べて仕事をしていきます。

会社の期待値がとても高いため、ついていけず辞めてしまうことも

やはり期待値が高い分、入社後は苦労することもありますが、慣れれば実力がつきあなたのキャリアアップができるでしょう。

ポテンシャルや期待値が高いので最初こそ地道な努力や苦労が必要です。

スポンサー

未経験で事務職を目指す方へ

未経験から事務職を目指している人は、事務職は大変人気の職業でもあります。

3社応募したけど、全部不採用…。

アピールの方法が悪いのか、それとも釣り求人なの?と思う方もいるかもしれません。

立地が良い、未経験歓迎で定時で長く働けそうな職場は一つの求人に100人と集まることがあります。

競争率が非常に高いので、1社2社で不採用でも落ち込まないことです。

未経験から事務職を目指している人はこちらの記事も参考にしてみてください。

未経験から転職を始める女性の画像
未経験から事務職って難しい?未経験から事務職を目指す方法

続きを見る

未経験歓迎の中途採用求人は背景を考えることが重要

迷路のゴールからスタートを考える図

未経験を採用したい企業の理由や状況を考えることが大事です。

  • 採用の背景は何か
  • 未経験OKの理由は何か

基本的に企業は経験者を採用したいと思っています。

あえて未経験を雇いたいと思っているのはなぜか?を考えるクセをつけましょう。

たとえ、未経験者歓迎で不採用をもらっても採用基準を高めに設定していることもあるので落ち込みすぎないようにしましょう。

スポンサー

未経験者・経験不問で採用がもらえない人へ

スーツ女性が交渉に成功する

未経験で経験不問でなかなか採用がもらえなくて難しいと考えている人は、ぜひ一度転職エージェントを利用することをお勧めします。

なぜこんなに進めるかというと、職務経歴書・履歴書のフィードバックまで手伝ってもらい、面接までが速いからです。

特に事務職は人気職です。面接以前の書類選考まで何十社と落とされるのが当たり前と思っておいた方がいいでしょう。

doda

dodaは求人数もたくさんもってる上にカウンセリング時間をしっかりとってくれるのがメリットです。

使って良かった点

使って良かった点

  • 首都圏や大都市はもちろん求人が少ない地方の人
  • 職務経歴の添削と履歴書のフィードバックをくれて履歴書の訂正までしてくれる
  • 年収の交渉ができる
  • 働きながら転職活動を行う人は入社日の調整もエージェントがしてくれる

特に強いのは、いろいろな地域にも対応している求人が多く、求人数が少ない地方での転職活動を行う場合はdodaに登録しておきましょう

そして、履歴書の細かい訂正をしてくれます。(うれしい)

たくさん抱えているため登録者も多くて求人メールも大量にくるので、うまく情報をキャッチしてエージェントに伝える必要があります。

第三者視点でのアドバイスがもらうことによって、今後の書類選考や面談のコツを自分なりに吸収できるのでこういった活用法もあります。

書類選考がうまくいかない!という人はエージェントを通すと驚くほどスムーズにいきます。

事務職のサイトからの書類選考で落ちまくってたのは何だったんだ…

また、もうちょっと年収上げたいなという人は、年収の交渉もできる上、働きながら転職活動する人にとっても入社日の調整もエージェントを通じてやってくれるのでラクです。

面談で年収や入社日の調整を伝えるのって本当に難しいですよね。

そんな面倒な(失礼!)ことをエージェントがしてくれるので、使って損はないです。

また、メールが大量に来るので、マッチするものしないものたくさん来ます。そんな時の方法がこちら。

  1. Googleのメールを転職専用に新たに作ってさらっと流しみる。
  2. ちょっといいなと思うものをメール分けして受けてみる

というのが一番効率よかったです。

  • 面接を受けてみてやっぱり合わないな
  • もう一つが本命だからちょっと考えたい

そういったエージェントにお願いしたら調整してもらえるので、一度登録することをオススメしておきます。

リクルートエージェント

リクルートが運営しているので企業の交渉力も高いので、面接の調整やお給料の交渉もエージェントがサポートしてくれます。

書類作成や面接対策のサポートをしっかりしてほしいという方や面接でどんなことが聞かれるか、どんな人が面接を突破できるかなど情報量も多いのが特徴。

面接対策って会社によって何を求められているか想定しないといけません。

人物像や会社の質問の意図って何を想定して質問してるの!?と私はいつも悩んでいました。

結果はいつも不採用…。

不採用のあと、また応募するときに会社のHPをみて志望動機を考えて…1社1社対応するのも一苦労です。

そんな面接の対策の情報をもらえるリクルートエージェントはありがたいサービスでもあります。

未経験で人気の事務職の転職事情や突破する方法も参考になりそう。

リクルートエージェント

マイナビジョブ20’s

20代や第二新卒や既卒の方向けの転職エージェントです。

自己分析が苦手な人は適正試験が受けられ未経験でもOKな求人が50%以上あるので求人の幅がとても広いです。

なんとなく頭にはあるんだけど…という人も担当のエージェントが選考する企業に合わせて面接の準備や対策を考えてくれます。

志望動機や自己PRもどう考えたらいいのか分からない。

そんな人も話をすると、最初は何がやりたいか分からない人もエージェントさんと話をしていくと答えが見つかってそれに合わせた求人を紹介してくれたりもします。

20代の方は登録しておくと一般の求人サイトからの転職でもヒントを得られるので面談すると良いでしょう。

マイナビジョブ20's

転職ナビ

転職ナビの良い所は電話で気軽に相談できるところ。

マッチングに関してもナコウド(希望する条件や感情)+AIの精度の高いマッチングを扱っているので、自分が希望している求人が探しやすいのが特徴です。

初めての転職は転職ナビ

とらばーゆ

とらばーゆさんは倍率が非常に高かったですが、未経験求人・経験不問の求人はとても良い条件のものが多いです。

採用担当者さんと仲良くなって実際の応募数をお聞きしたのですが、1000人以上の中から1名のみなんてこともあります。

中には不採用通知すら出さない会社もありますので(数が数なので仕方ない)注意が必要かもしれません。

とらばーゆ

まとめ:未経験歓迎の求人は背景を考え、採用をゴールとしないこと

笑顔の女性

未経験歓迎 ・経験不問の求人は、求人を募集する背景をしっかりと考えることが重要です。

そして、悪質な求人につかまらないためにも採用をゴールと決めず、その上司とうまくやれそうか、会社の雰囲気になじめそうかどうかをしっかりと見極めましょう。

合わない会社に入ると体調も心も辛くなって毎日泣きながら仕事に出社なんてこともあるからです。

仕事に就くということは確かにゴールと決める人も多いですが、本当のゴールはあなたがその仕事について周りと協力しながらあなたらしく働けるかどうかだと思います。

参考になれば幸いです。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

  • この記事を書いた人

ミオン

DTPオペ、テクニカルライター、事務職経験。 現在はフルリモートのプログラマー。 転職や派遣を含め5回以上を経験。書類応募や面接は100社以上。 結果として、いま自分の好きな仕事を見つけ楽しく働いています。 経験談を元に、人間関係の悩みや事務職転職のアドバイスを発信しています。

-転職に関する悩み