人間関係の悩み

昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう人へ。よい夢を見る方法とは

  1. HOME >
  2. 人間関係の悩み >

昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう人へ。よい夢を見る方法とは

クマのぬいぐるみを抱いて眠る少女

今の職場は満足しているのになぜか昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう。

昔の職場からはサヨナラしたのになぜかトラウマのように夢に出てきてしまう。

今は過ぎ去ったことなのに、嫌なことが夢に出てきてしまうことは多いのではないでしょうか。

今日はそんな昔の職場のイヤ~な悪夢を見ない方法をご紹介します。

スポンサー

なぜ、昔の職場の悪夢を見てしまうのか

目をつぶる女性

昔の職場の悪夢なんて見たくないと思っているのになんで見てしまうんだろう。

嫌な夢を見てしまう原因を3つご紹介します。

寝る前に嫌なことを思い出したり落ち込んだりしていないか

寝る前に、次のスケジュールの確認を行ったり仕事のことで落ち込んだり、嫌なことを思い出してしまったりしていませんか。

寝る前に不安なことや心配ごとなどを考えてしまうと悩みや不安が悪夢に現れてしまいます。

睡眠の質が落ちている

睡眠前にスマホやパソコンを使用していると、ブルーライトの影響で睡眠の質が落ちてしまいます。

まくらや自分にあった寝具を見直したり、つ就寝前はシャワーだけでなく湯船に使うと睡眠の質を高めることができます。

眠りが浅い

眠りが浅いと夢を見る確率が高くなってしまいます。

夢を見る時は脳が軽く運動している状態なので、夢を見る人は眠りが浅くなっている場合があります。

スポンサー

悪夢にはどんな役割があるのか

そもそも夢にはどんな役割があるのでしょうか。

夢・悪夢は処理しきれない記憶を整理する役割といらない記憶・必要な記憶を取捨選択する役割があります。

昔の職場の悪夢を忘れる方法3選

眠っている女性

昔の職場の悪夢なんて忘れたい!気持ちを切り替えて今の環境に集中したい!

昔の嫌な夢を見たら、気持ちを切り替え、忘れる方法を3つ紹介します。

日光浴をして深呼吸をする

日の光を浴びることによって、日々のストレスを軽減し自律神経を整えることができます。

日光浴をして呼吸を整えて、心と体の両方をリラックスさせることができます。

不安に思っていることや嫌なことを書く

今、現実で不安に思っていることを書いたり、嫌なことをメモに書くことによって頭の中がきれいに整理され、スッキリした気持ちになります。

不安なことや悩んでいたことを紙に書き出すことによって悪循環な思考や行動を断ち切ることができるのでおススメです。

人に話す

友達や家族に話すことによって心の負担を減らすことができます。

親しい親友や家族に聞いてもらうと頭の中も整理されることが多く、自分では気づかなかったことを教えてもらえるかもしれません。

ただ、夢の話として話すと相手も真剣に聞いてくれない場合があります。

なので、前もって悪夢で悩んでいるから聞いてほしいとお願いするとよいでしょう。

スポンサー

ストレスを感じた時に見る悪夢は深刻に悩みすぎない

「なぜあんな夢を見てしまったんだろう」

「あの夢をみたことは何か意味があったのかな」

そう考えれば考えるほどあなたの嫌な夢を見てしまったという重要度が高くなり、さらに落ち込んでしまいます

現実ではなく夢なので、あなたの今の生活をおびやかしたりしません。

夢でよかったとホッとする気持ちを持つのも大切です。

悪夢を忘れてよい夢を見る方法

抱き枕を抱え眠る女性

前の嫌な職場のことを忘れてよい夢をみたい。よい夢をみるための3つのポイントをご紹介します。

  • 見たい夢を想像する
  • スマホやPC作業をしない
  • 好きな音楽やアロマなどを使って緊張をほぐす
  • 寝る前のネガティブな思考はしない
  • 枕やパジャマを見直して睡眠の質を高める

見たい夢より悪夢を見なければいい!と思うかもしれません。

そういった人は寝る前にネガティブな思考はしないように気をつけましょう。

見たい夢を想像することによって、寝る時にリラックスしながら安心して嫌な夢を見ることが少なくなるでしょう。

また、スマホやPC作業を寝る前まで見ると中々寝られないことが多く目が冴えてしまうことが多いです。

夜遅くまで、スマホやPC作業は避けましょう。

また、優しい音楽やアロマを使ってリラックスすることによって嫌な夢を見ずに、気持ちよく朝を迎えることができます。

寝る前のネガティブな思考はしない

仕事が多忙だと、明日のスケジュールの確認やこれもやらないと明日○○の提出日だ!とつい気持ちが言ってしまうことも多いでしょう。

寝る前に考えごとをすると、そのまま夢に出てきてしまうことがあるので何も考えず寝るようにするとよい夢をみることができます。

枕やパジャマを見直して睡眠の質を高める

枕の高さが悪いとつい、首に合わないものを使ってしまうと身体にストレスがかかり悪夢を見てしまう原因にもつながります。

眠りの専門MyMakuraでは、寝姿を測定し、まくらの場所ごとに適した素材を別で入れてくれるこだわりっぷり。

無料メンテナンスもついています。枕をもうちょっと高く/低くしてほしいという時も無料で調整してくれます
永久保証なので枕の耐久年数で沈みすぎたり、体型が変わっても高さを無料で調整してくれます。

 

オーダーメイド【マイまくら】

肩や首に負担の少ない枕を使うことによって睡眠の質を高めることができ翌朝スッキリした気持ちで過ごすことができるでしょう。

まとめ

  • 寝る前に緊張することや嫌なことを考えない
  • 寝る前はパソコンやスマホを見ない
  • 湯船につかる
  • まくらや寝具を見直す

前の職場の悪夢をよく見ると深刻に考えてしまうとストレスがたまってしまいます。

寝る前はスマホは避けて、リラックスをしてスッキリした気持ちで朝を迎えましょう。

スポンサー

  • この記事を書いた人

ミオン

DTPオペ、テクニカルライター、事務職経験。 現在はフルリモートのプログラマー。 転職や派遣を含め5回以上を経験。書類応募や面接は100社以上。 結果として、いま自分の好きな仕事を見つけ楽しく働いています。 経験談を元に、人間関係の悩みや事務職転職のアドバイスを発信しています。

-人間関係の悩み