転職に関する悩み

事務職ってやりがいある?退屈で暇?そんな事務職のやりがいや魅力をご紹介

  1. HOME >
  2. 転職に関する悩み >

事務職ってやりがいある?退屈で暇?そんな事務職のやりがいや魅力をご紹介

手帳を開き考えている女性

事務職に転職したいと思ってるけど、事務職ってやりがいなんてあるの?

よく、事務職って退屈だし、暇でやりがいとかなさそう…グーグルの検索にも上がってきますよね。

今日はそんな事務職のやりがいや魅力を事務職を5年勤めた筆者がお伝えします。

スポンサー

事務職にやりがいがない・退屈と感じる理由

頬に手を置く小さな女の子
事務職にやりがいがない理由って何だろう?

事務職にやりがいがないと感じる理由を5つあげます。

  • 事務職は毎日が単調作業
  • 事務職は時間が空いたら暇
  • 事務職は褒められにくい仕事
  • 事務職の人間関係が変わらない
  • 事務職は平均的にお給料が低い

順番に解説しますね。

事務職は毎日が単調作業

事務職は一日のスケジュールがほぼ決まっています。

締切の期日や書類の提出日、納品書の処理があります。

だからこそ、正確に期日通り提出しなければなりません。

忘れがちですが、事務職がいないと仕事が回らないことも多く、営業さんやお客様をつなぐサポート役でなくてはならない存在でもあります。

単調作業だからこそ、日々の業務の改善するチャンスと捉えて仕事をすることも改善策の一つです。

事務職は時間が空いたら暇

事務職は作業が終わればある程度自分の時間を作れる職業でもあります。

もちろん、締め切り前は忙しくなることはありますが、それを過ぎれば暇と感じる人も多いでしょう。

そんな時の作業のオススメが

  • マニュアルの整理と資料作成
  • デスク周りの掃除
  • 資格の勉強をする
  • Excelの関数を覚えて色々な資料を作ってみる

もし、あなたが一般事務であれば資格の勉強をするとステップアップできます。

マニュアルを定期的に見直すことによって、文章を作成する能力も上がり分からないことがあっても振り返る時に役立つからです。

事務職の人間関係が変わらない

離職率の激しい部署なら別ですが、基本的に会社の外には出ないので営業の人や関わる人が限定されています。

人間関係に問題がない人は良いですが、チームワークを求められる仕事です。

会社全体の人間関係がしんどいと感じる人にとっては、つらく感じる人もいるでしょう。

人間関係が変わらないからこそ、単調でつまらないと感じる人も多いようです。

時間がある

事務職は時間があることも大きなメリットの一つです。

納期が迫ってきたら仕事に終われることもありますが、基本的に定時仕事なので

  • 家族がいる人は仕事が終わったあとは家庭を優先できる。
  • 独り身でも自分の自由な時間が多いので、日々の暮らしに余裕がある

実際、残業が多くていくらお金があっても、結局のところストレスでお金を使ってしまうんですよね。

残業が少なくてお給料が少なくても、仕事が終わったら好きなアニメや漫画を見る時間が増えるし、お金が欲しいと思ったらUverEatsをはじめとした副業ができる時代です。

資格の勉強をしても良いですし、自分の好きな時間を自由に過ごせる。

自分の時間を自由に使える方がメリットは大きい。そう感じませんか?

会社の暇な時間があれば、Excelやスキルの勉強をするのも良いでしょう。

他の職種だと定時に上がれても、疲れてヘトヘトになってしまう人や日々残業があるか分からない人も多い中で事務職にとって時間があることは大きなメリットの一つです。

アラサーでやりがいがないから…と転職をして失敗する人も多いです。失敗した場合どんな未来が待ち受けているのか参考になるかと思います。

アラサーで転職失敗。アラサーで転職失敗した時の対処法-
アラサーで転職失敗。アラサーで転職失敗した時の対処法

続きを見る

コミュニケーション能力が鍛えられる

人間関係で周りとコミュニケーションをとることが多いのが事務職。

人間関係でこじれることもあれば、うまくいけばコミュニケーション能力が鍛えられる仕事でもあります。

このコミュニケーション能力ってやっぱり人間関係でしか磨かれないんですよね。

技術職だと(仕事にもよります)どうしても一人で机に向かって黙々と仕事をするため話す機会が少ないです。

そうなると、コミュニケーション能力って低くなってしまう傾向にあるんですよね。

伝え方を間違えるとプライベートでも人間関係がこじれることが多いです。

そして話さないとストレスを感じることも多いです。

事務職と技術職を経験したから言えることなのですが、事務職に転職してからコミュニケーション能力って大事なんだなと感じることがとても多いです。

その後技術職に転職しましたが、技術職でも非常に役に立ちました。

事務職でのコミュニケーション能力ってプライベートでも役に立つことが多いです。

他の職種を経験すると事務職で培ったコミュニケーション能力はプライベートでも応用が利くスキルでもあります。

スポンサー

退屈で暇と思われている事務職のやりがい3選

事務職のやりがい3選をご紹介します。

  • 職場の人とうまく連携して仕事ができた時
  • 丁寧な来客対応や電話対応でほめられた時
  • 暇な人は資格の勉強するのもアリ

1つずつご紹介します。

職場の人とうまく連携して仕事ができた時

伝え方やマルチタスクが求められる仕事でもあるので、社内の連携がうまくいった時、事務職での達成感ややりがいを感じます。

  • お客様の要望に対して営業さんとうまく連携を取って仕事ができた時。
  • トラブルが会った時に社内でうまくサポートできた時。

そんな時、事務職をやっていて良かったなと感じます。

事務員は私一人だから関係ないと思う人もいるでしょう。

ですが、営業さんがいない代わりにうまくサポートできた時は、営業さんから感謝されることも多いです。

事務職は段取りが命です。

サポートし合ったり一つの仕事に対して社内で協力してうまくいったりすると大きな達成感とやりがいを感じます。

トラブルがあった時も、社内で連携してうまくいったりすると協力関係ができてやりがいや楽しさを感じました

丁寧な来客対応や電話対応でほめられた時

お客様の急な要望に対して、「ありがとう」と言われた時、事務やっててよかったなあと感じます。

○○は厳しいですが、代わりにこういった提案があるのでどうでしょう?

こういった形でうまくサポートできた時などもお客様に感謝されやすいです。

電話対応では声のトーンやちょっとした来客対応の対応で会社の顔として褒められることもあります。

電話対応一つ意識すると仕事に対する姿勢も変わってきますよ。

全体をみるとやりがいは増える

仕事にも余裕があれば、会社全体を把握できる能力もつきます。

自分がどの立場にいて仕事を支えているのか。

どんなスキルを持つと仕事に役立つのか。

そういう視点で見るとやりがいや魅力が見えてきて仕事にも意欲が出てきます。

事務職として会社が何を求めているのかを深く分析すると、仕事のやりがいや魅力を新たに見つけることができます。

スポンサー

前の仕事に戻りたいと思っても安易な転職はオススメしない

思っていた仕事と違う。前の仕事の方がやりがいや魅力があった。

比較対象があるからこそ、気づけることも多いと思います。

ですが、早期退職はデメリットが多く再就職が厳しいことも多いです。

採用担当者が気をつけている点は2つ。

  • 職歴が浅いとまた辞めるかもしれない
  • 前の職場に戻ってもやっぱり事務職が良かったと思わないか

そう思ってしまいます。

間違っていたと思って転職をして失敗する例はたくさんあります。

デメリット

  • 安易な転職をして再就職するまでに時間がかかる
  • 再就職しても以前の仕事と比べてしまう
  • 前の職場に戻っても人間関係のトラブル

再就職しても勤め先でしんどい思いをするリスクも十分にあります。

また、前の職場の方が給料が良かった場合、再就職したとき同じ職種でもお給料が前の職場より下がるリスクも頭に入れておきましょう。

なので、パワハラやモラハラなどの問題がない限り、1年続けてみてそれでも前の職場に戻りたいと感じたら転職するのもアリでしょう。

人間関係やパワハラ・モラハラ、陰口を言われた時の辛かった体験談はこちら。

職場で自分の悪口や陰口を聞こえたときの対処法
職場で自分の悪口や陰口を聞こえたときの対処法【行動編】【マインド編】

続きを見る

未経験でも経験者でも事務職の転職の難しさを書いている記事はこちら。

未経験と書いていますが、未経験・経験者関係なく正社員の事務職の就職の難しさを体験談としてまとめています。

未経験から転職を始める女性の画像
未経験から事務職って難しい?未経験から事務職を目指す方法

続きを見る

スポンサー

事務職が退屈で暇でお給料も低い!そんな辞める時の判断とは

事務職を辞めたいと思った時に判断したいことは

  • 職場でパワハラやモラハラがある
  • リスクを取っても前の職種で働きたい

やっぱり事務職が合わない人もいます。

ですが、このような場合転職するときリスクをしっかりと把握して明確な理由があれば失敗せず転職ができます。

特に頭に入れておきたいのは、年齢です。

年齢が高ければ高いほど、再就職は厳しいものになります。

30歳以降だと、採用担当者側が妊娠や結婚で会社を辞めてしまわないかと考えてしまい採用を見送る場合があります。

そういったリスクを頭にいれつつ、

  • その会社であなたがどう貢献できるのか
  • その会社でないといけない明確な理由

この2点をしっかりと自己分析して転職に挑みましょう。

また、職場で陰口を言われて悩んでいる人はこちらの記事も参考にどうぞ

職場で自分の悪口や陰口を聞こえたときの対処法
職場で自分の悪口や陰口を聞こえたときの対処法【行動編】【マインド編】

続きを見る

スポンサー

事務職から転職するか悩んでいる人へ

事務職の待遇は悪くないんだけど、でも仕事が退屈でつまらない…。

これってわがままなのかな。

あれこれ自分なりに目標を立てたりしたけど、仕事に面白みを感じない。

事務職向いてなかったけど、自分が何をしたいのか何が得意なのか分からない。

そんな人にオススメなのが、転職支援のキャリアコンサルティング無料コンサルティングがおすすめです。

  • その会社であなたがどう貢献できるのか
  • その会社でないといけない明確な理由

こんな悩みを解決できます。
ポジウィルキャリア

事務職から転職したいと思ったら

落ち込んでうつむく女性

どうしても転職したい!そう思った時の対処法を2つご紹介します。

  • 転職サイトは登録しておく
  • 転職をすると決意したら転職エージェントを利用する

ここで一つポイントなのは、仕事に余裕がある場合は必ず仕事をしながら転職活動を行ってください。

退職してから転職活動をすると想定より長引いてしまったり、お金が無くなってしまうデメリットが大きいからです。

未経験求人を探す際、こちらの記事を参考にすると、ブラックな求人に引っかからないための予防策と良い求人に出会えるヒントにつながるでしょう。

アイキャッチ画像-未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた
未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

続きを見る

転職サイトは登録しておく

転職サイトについては、前職に戻りたい場合はしっかりと実績を書くこととエージェントを利用するとスムーズに転職活動ができます。

別の職種に転職する場合は、しっかりと自己分析を行い事務職からこの仕事にきたのかという理由と退職理由を明確にしないと書類選考や面接で落とされてしまいます。

もし、未経験の職種の場合は派遣も視野に入れてステップアップとして正社員を目指す方向でも良いでしょう。

私は4つとも登録しました。

メインに使っていたのは、マイナビ転職、doda、en転職です。

サブに使っていたのは、リクナビNEXTとらばーゆでした。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは求人数が多く、複数登録するのが面倒!という人にはおススメです。更新スピードも速く、項目を絞って検索しましたがヒットする条件も多かったです。

事務職に関わらず、幅広い職種の掲載もしているので、求人を見ていく内に実は営業が向いていたのでは?(極端な話ですが)や新しい職種に出会えることも多いです。

その割には、サブで使ってたのねと思う方もいるかと思います。転職活動後半にリクナビNEXTを知ったため、サブで使っていました。

最初に使っていたら、メインで使っていたと思います。(求人数も多い上に更新スピードも速い上にグッドポイント診断という自己分析ツールも無料で使えるし)

複数登録するのは、面倒!という人はまず、リクナビNEXTを登録しておくと、チェックしやすいのでどのサイトに登録しようかなと悩んだ時はオススメです。

 

マイナビ転職

お宝求人もあり、企業の紹介で、しっかりと取材されてるので働くイメージがわきやすかったです。

マイナビ転職で内定を頂いた会社は、働いた会社でミスマッチがなかったのが驚きでした。

働いている様子や一日のスケジュールをしっかり取材して記事されているので、実際働いたらというイメージがわきやすいサイトとなっています。

とらばーゆ

求人数が少な目ですが、女性に人気の求人が多いです。

産休や育休などの女性ならではのこだわり検索ができ使ってみて、給与形態や働き方に関して魅力的な求人が多かったです。

ただ、倍率が非常に高いので、不採用になっても落ち込む必要はないです。

倍率高いけど、理想の働き方を見つけやすいので、dodaやマイナビ転職などと併用しながら使うのがおすすめです。

 

転職をすると決まっている人はエージェント利用もあり

転職エージェントを利用するメリットはこちら

  • 書類選考が突破しやすいこと
  • 前職に戻りたい場合スキルを考慮してお給料がアップする仕事を紹介してもらえる。
  • 書類を添削してもらえる

書類選考が中々通りにくくて困っている方や、前職の経験やスキルを活かしてお給料アップする仕事を紹介してほしい人はエージェントを利用するのがお得です。

doda

dodaは、転職エージェントも優秀で求人数もたくさんもっています。

使って良かった点

使って良かった点

  • 求人が少ない地方の人
  • 職務経歴の添削と履歴書のフィードバックをくれて履歴書の訂正までしてくれる
  • 年収の交渉ができる
  • 働きながら転職活動を行う人は入社日の調整もエージェントがしてくれる

特に強いのは、いろいろな地域にも対応している求人が多く、求人数が少ない地方での転職活動を行う場合はdodaに登録しておくといいです。

職務経歴書・履歴書のフィードバックまで手伝ってもらい、面接までスムーズに進みます。

そして、ちょっとした履歴書などの訂正をしてくれることも。(うれしい)

たくさん抱えているため登録者も多くて求人メールも大量にくるので、うまく情報をキャッチしてエージェントに伝える必要があります。

第三者視点でのアドバイスがもらうことによって、今後の書類選考や面談のコツを自分なりに吸収できるのでこういった活用法もあります。

書類選考がうまくいかない!という人はエージェントを通すと驚くほどスムーズにいきます。

事務職のサイトからの書類選考で落ちまくってたのは何だったんだ…

また、もうちょっと年収上げたいなという人は、年収の交渉もできる上、働きながら転職活動する人にとっても入社日の調整もエージェントを通じてやってくれるのでラクです。

面談で年収や入社日の調整を伝えるのって本当に難しいですよね。

そんな面倒な(失礼!)ことをエージェントがしてくれるので、使って損はないです。

また、メールが大量に来るので、マッチするものしないものたくさん来ます。そんな時の方法がこちら。

  1. Googleのメールを転職専用に新たに作ってさらっと流しみる。
  2. ちょっといいなと思うものをメール分けして受けてみる

というのが一番効率よかったです。

  • 面接を受けてみてやっぱり合わないな
  • もう一つが本命だからちょっと考えたい

そういったエージェントにお願いしたら調整してもらえるので、一度登録することをオススメしておきます。

マイナビジョブ20’s

20代や第二新卒や既卒の方向けの転職エージェントです。

自己分析が苦手な人は適正試験が受けられ、未経験でもOKな求人が50%以上あるので求人の幅がとても広いです。

志望動機や自己PRもどう考えたらいいのか分からない。

なんとなく頭にはあるんだけど…という人も担当のエージェントが選考する企業に合わせて面接の準備や対策を考えてくれます。

話をすると、最初は何がやりたいか分からない人もエージェントさんと話をしていくと答えが見つかってそれに合わせた求人を紹介してくれたりもします。

20代の方は登録しておくと一般の求人サイトからの転職でもヒントを得られるので面談すると良いでしょう。

マイナビジョブ20's

まとめ 事務職は受け止め方次第でやりがいはある

事務職をしているけど、やりがいを感じない人や退屈な人は3つのポイントを抑えるとよいでしょう。

  • 今の職場のメリットを探す
  • 事務職ならではのメリットを探す
  • 時間があれば充実する時間を作る

人間はないものねだりしてしまうもの。

今ある環境に感謝するきっかけにする人もステップアップとして転職する人も参考になれば幸いです。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

 

  • この記事を書いた人

ミオン

DTPオペ、テクニカルライター、事務職経験。 現在はフルリモートのプログラマー。 転職や派遣を含め5回以上を経験。書類応募や面接は100社以上。 結果として、いま自分の好きな仕事を見つけ楽しく働いています。 経験談を元に、人間関係の悩みや事務職転職のアドバイスを発信しています。

-転職に関する悩み