紅白2022はヒゲダンの生歌が下手すぎてひどい?原因と理由をまとめてみた

2022年12月31日

  1. HOME >
  2. エンタメ >
  3. 芸能 >

紅白2022はヒゲダンの生歌が下手すぎてひどい?原因と理由をまとめてみた

2022年12月31日

紅白2022はヒゲダンの生歌が下手すぎてひどい?原因と理由をまとめてみた

今年の紅白のヒゲダンの生歌下手すぎてひどい?

紅白のヒゲダンの生歌下手すぎなのって理由があったのかな?

ヒゲダンの生歌が下手すぎてひどい理由についてまとめました。

紅白はヒゲダンの生歌が下手すぎてひどい理由

紅白でヒゲダンの生歌が下手すぎてひどい理由をまとめました。

  • メンバーの不調
  • 環境
  • 紅白の重圧があった

メンバーの不調

紅白でヒゲダンの生歌がヘタという理由の一つは、当日のメンバーの不調があったことに加えて

生歌だからどうしても緊張してしまった結果、音域に振れ幅があったのかもしれません。

大きく外す…といったことはありませんでしたが、なんとなく不調に見えたのかも。

環境

紅白でヒゲダンがヘタだったという理由が、周りの環境の場合があります。

  • マイクレベルの高低差
  • 音響の調子
  • BGMの大きさ
  • モニターバランスが悪かった

不慣れなスタッフがいて、音響調整が下手な人もいて自分の声が聞こえなくなることもあるようです。

BGMの大きさやモニターバランスによって、自分の聞きたい音を拾えなかったりすることがあるようです。

他にもリハーサルを重ねても当日音響調整が伝わってこない機材トラブルもある可能性があります。

音響の調子

音響トラブルは昨年も結構トラブルが多く、アーティストさんが音響トラブルで思うように声を出せなかったのでは?というツイッターの意見もありました。

紅白の音響は悪い?音響トラブルはなぜ多かったの?調べてみた

BGMの大きさ

BGMが大きく、中々自分の声が聞こえなかったというリハーサルを何度も設定しても本番の環境でBGMが大きいと感じるトラブルもありそうですね。

Youtubeや映像とのギャップ

ヒゲダンのYoutubeや収録済みのものをずっと聞くと、生歌とのギャップを感じてしまうのかもしれません。

収録済みのものは、最高の音源や納得するまでリテイクを重ねて最高の状態に仕上げることができますが、

生歌は一発勝負。

その時のコンディションやキーの高低差などによってCDそのままの音源を再現するのは難しいのです。

紅白はヒゲダンが下手?ひどい?SNSの反応

紅白2022のヒゲダンは下手だった?SNSの反応をまとめました。

現在執筆中です。

紅白はヒゲダンが下手?ひどい?理由まとめ

紅白はヒゲダンが下手?ひどい?原因と理由についてまとめました。

どれだけリハーサルを重ねても、機材トラブルや本人のコンディションなどが影響して下手に聞こえてしまうこともあります。

今後のヒゲダンのライブ活動など新曲など今後の活躍に期待したいですね。