おすすめ商品レビュー

【元キーパンチャーが教える】タイピングが遅い人が早く打てるようになる方法

  1. HOME >
  2. おすすめ商品レビュー >

【元キーパンチャーが教える】タイピングが遅い人が早く打てるようになる方法

キーボードを入力する図

タイピングが遅いのは分かっているけど、速く打てるようになりたい。

でも、タイピング練習するけど速く打てるようになりたいけど、効率よく上達するにはどうしたらいいんだろう。

今日はタイピングが遅い人が速く打てるようになる方法を紹介します。

スポンサー

タイピングが遅いと損する理由

キーボード画像

タイピングが遅いと損する理由は仕事が遅くなるだけではありません。

タイピングが遅いと集中力・思考力・生産性が低くなってしまいます。

その理由を簡単にご紹介します。

仕事が遅くなる

タイピングが遅いと資料作成に時間がかかるため、仕事も必然と遅くなってしまいます。

パソコンでキーボード入力が必要な業務は3つ。

  • メール作成やチャットでのやり取り
  • エクセルやワードでの書類作成
  • システムで入力作業を行う場合

リモートワークの影響で、メールやチャットを使う機会も増えてきました。

チャットでは自分のタイピングが遅いと返信を待たせたり、相手をイライラさせたり相手の時間も奪ってしまうことになります。

集中力・思考力・生産性が落ちる

なぜ、集中力・思考力が低くなるんだろう

集中力はタイピング作業にとられてしまうため、どこを次は入力したらいいだろう?と思考力までもが低下します。

その結果、生産性も悪くなり仕事が遅くなってしまいます。

一方、速く入力できる人は無意識に文字を入力しているので、入力以外のことに集中して作業することができるのです。

スポンサー

タイピングが遅い人は自分が遅いと気づけないことも

40代後半の多くはパソコンが普及し始めた年代でもあり、タイピングが遅い傾向にあります。

なぜタイピングが遅いと気づけないのか。

  • 損している感覚がない
  • タイピングが速いメリットをあまり感じない

入力する時間、考える時間は別々の作業時間が必要だと感じてる人や早かろうが遅かろうが入力できればそれでよいという人に多いです。

そういった人は損をしている感覚がなく、タイピングが速く打てたことがないためにメリットに気付けないからです。

スポンサー

タイピングが速い人の共通点とは

タイピングが速い人の共通点ってなんだろう

タイピングが速い人の共通点をご紹介します。

キーボードの位置・配列を覚えている

ホームポジションとは、タイピング開始前に置く指の位置のことです。

このホームポジションと・キーボード・配列を把握していると、スムーズに入力することができます。

仕事以外でも入力する時間が長い

仕事以外でも入力する時間が長いと、速く打てるようになります。

ゲームのチャットや趣味でブログを作っている人など、入力する時間が長いと自然と早くなる人も多いみたいです。

スポンサー

タイピング速度を上達させる前に見直したい2つのこと

タイピング速度を上げるためにはタイピングだけでなく、パソコンの持ってる機能を活用することも重要です。

機能を活用することによって、タイピング速度をより向上させることができるからです。

よく使う単語は辞書登録する

人や企業の名前、複雑な単語の入力、変換を面倒に感じたことが多いのではないでしょうか。

こういった同じような文章を入力する手間を省いたり、入力ミスを防ぐこともできる辞書登録という便利な機能があります。

ショートカットキーを活用する

ショートカットキーを使いこなせると簡単に作業できるようになり、作業効率の向上に役立ちます。

最低限覚えておいた方が良いショートカットキーを厳選しました。

上記以外にもショートカットキーを覚えておくと資料作成を作る上で、作業時間の短縮につながります

自分にあったキーボードを選ぶ

自宅でタイピングの練習をする場合、自分にあったキーボードを選ぶことによって各段にタイピング速度が上がります

選ぶ上でのポイントは以下の3つを基準に選ぶと良いでしょう。

  • 丈夫で疲れにくいもの
  • 打ちやすさ
  • サイズ

キーボードを叩く軽さはタイピング速度につながります。

私がおすすめするのは、キーボードの音が比較的静か、打ちやすい、ワイヤレスなので机周りがスッキリしており、3000円以内のコスパが良いロジクールのキーボードをおすすめします。

使用するソフトの特徴を把握して資料を作る

Wordが得意とするものは報告書といった書類作成が作りやすいソフトです。

Excelは計算することが得意なソフトです。

計算書をWordで作るとやはり時間がかかってしまいますよね?なので、それぞれのソフトの特徴を把握すると早く資料を作れるので意識するのもよいでしょう。

タイピングが速くなる練習方法

タイピングが遅いってわかっているからこそ、速く打てるようになりたい!けど、どうやったら速く打てるようになるんだろう。

  • 速くなる練習法
  • 指を置く位置、ホームポジションを覚える
  • 配列を覚える
  • 変換する区切りを意識する

一つずつ解説します!

指を置く位置・ホームポジションを覚える

ホームポジションとは、効率的に素早く入力できる指の基本的配置のことです。

ホームポジションの画像に関してはこちら。

キーボードのホームポジション画像

FとJの突起にそれぞれ人差し指を置くとキーボードのズレを防ぐことができます。

配列を覚える

配列を覚えるにはどうしたらいいの?
  • ローマ字の母音(あいうえお)の位置を覚える。

母音の位置を覚えたら、子音と組み合わせて徐々に練習すると良いでしょう。

文字を変換する区切りを意識する

例えば、「転職する」という文字を入力する場合、「 転 」と「職する」別々で区切ってしまうと変換の手間が増えてしまいますよね。

「 転 」 は「点」や「店」が出てくる場合もありますし、 「職する」 は「指揮する」と誤変換する確率が高くなり変換に手間取ってしまいます。

単語単語の区切りをどこで変換すればよいのかを意識するとうまく変換されやすく、タイピングスピードも向上するので心がけるとよいでしょう。

正しい姿勢を身に付け、環境を整える

パソコンを使う正しい姿勢比較画像

正しい姿勢やディスプレイの適切な距離を置くこととタイピング速度と何が関係するのか?と疑問に思う人も多くいるのではないでしょうか。

正しい姿勢や環境を整えることによって長時間タイピングを行っても疲れにくくなり、生産性アップにもつながります。

  • 背もたれに背中をつけず、背筋を伸ばす
  • 手は丸める
  • 腕は八の字
  • ヒジは90度
  • ディスプレイの明るさと角度を調整する

さっそく解説していきます。

椅子に背中をつけず、背筋を伸ばす

背筋を伸ばすことによって、首・肩・腰の負担が減らすことができます

手は丸めて腕はハの字、肘は90度が適している

手は少し丸めた状態、腕は少しハの字を描く、肘は90度くらいに保つと楽にタイピングができます。

ディスプレイの適切な距離と環境を整える

ディスプレイの距離の適切な距離はどれがいいのかまとめました。

使いやすい角度、明るさを調整する

ディスプレイの上端が目の位置より下になるように高さを調整すると目が疲れにくくなります。

手が疲れやすい人はパームレストをおすすめ

慣れないうちはタイピングをするのも手が疲れやすくなりがちです。

そういう時は、パームレストを使うと手の負担を軽減するのでおすすめです。

ウッドパームレストは固くて逆に手が疲れそうと思われがちですが、適度な高さがあり手の高さが丁度良いため疲れにくいのでおすすめです。

キーボードも見直す場合は、パームレストが付属しているものを買うとよいでしょう。

余裕があるならイスを見直すと疲れにくくなる

キーパンチャーとして働いていた頃は、8時間以上入力作業を行っていました。

そんな長時間作業の場合、イスを見直すと腰痛の負担が確実に違います。

私はコクヨのミトラシリーズを使っていますが、腰の負担が減り長時間の作業が楽になりました。

ゲーミングチェアやKOKUYOのイスは座りやすさを追求した良いイスですが、値段が高いのでお金に余裕がある方は購入しても良いでしょう。

コクヨデスクチェア ミトラシリーズ

バウヒュッテゲーミングチェア

タイピング速度を上げるコツ

キーボードの画像

練習する上で大切なのは、速さより正確さを重視すること毎日継続して練習することです。

一つずつ解説します。

速さより正確さを重視する

速く打てるようになりたい!正確性よりも速さ優先して練習してしまう人をよく見かけます。

一見速く打てていますが、打ち直しが多いと修正時間も増えてしまい、時間のロスにつながってしまいます

まずは、正確さを身に付けましょう。

速さを意識すると正確に速く打てるタイピング技術が身に付きます。

【一番重要】毎日継続して練習する

土日は2~3時間だけど、平日は全く練習をしない人と毎日30分コツコツ練習する人と比べると毎日コツコツ練習する方が確実に後者が速く上達します。

毎日コツコツ練習することによって、タイピング技術は自然と身についてくるからです。

何事も練習量に勝るものはありません。

日々の練習が大事ですね。

スポンサー

楽しく練習するアイデア

アイデアを出す男性

毎日の練習が大事だと言っても、毎日毎日タイピング練習ってあきてしまいそう。

毎日継続したいけど、練習ばかりで苦行に感じちゃう。

そんな人に楽しく練習できるアイデアをご紹介します。

オンラインゲームのチャットやSNSを利用する

オンラインゲームでのチャットを利用して相手とやり取りをすることによってタイピングを身に付けることができます。

SNSは家にいる時は、スマホではなくPCを使うクセをつけるなどしてタイピングする環境を作るのも良いでしょう。

タイピング練習用ソフトを購入する

ゲーム好きの方は、SEGAというゲーム会社が発売しているゾンビ打をおススメしています。

タイピングを正確に打つことによってゾンビを倒すシューティングゲームです。

ゾンビゲームが好きな人は一度試してみてもよいのではないでしょうか。

【おすすめ】タイピング練習サイト

無料でタイピング練習をしたいけど、オススメのタイピング練習サイトを集めました。

e-typing

無料でタイピングの基礎から、ビジネス、医療介護の単語までバラエティに富んだサイトです。

一から練習するサイトもあるので、基礎をしっかり身に付けたい!という人にはおすすめです。

e-typeing

寿司打

練習や速度や正確をそれぞれ重視したコースがあり、回転ずし形式で流れてくるお寿司にローマ字の単語を打ち込んでいくゲームです。

多くのお寿司をタイピングして、それぞれの値段に対して元が取れたらユーザーのタイピング速度が適したレベルに達するというものです。

楽しくゲーム感覚で練習したい人にはおススメです。

寿司打

まとめ

タイピングが遅い人が速く打てるようになる方法をまとめます。

タイピングが速くなる方法

  • 配列やホームポジションを身に付ける
  • ショートカットキーや辞書登録を使う
  • 正しい姿勢を身に付け環境を整える
  • 毎日の練習【重要】

最初からすぐ速くなる方法はありません。

タイピングが速い人も最初は毎日コツコツとホームポジションや配列を覚えるところから初めています。

継続するのがツラい人は、ソフトやサイトを使って自分の成長過程を記録を取りながら少しずつステップアップしている実感をすれば楽しく継続することができます。

毎日継続して、仕事の生産性を一緒に上げていきましょう!

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

 

  • この記事を書いた人

ミオン

DTPオペ、テクニカルライター、事務職経験。 現在はフルリモートのプログラマー。 転職や派遣を含め5回以上を経験。書類応募や面接は100社以上。 結果として、いま自分の好きな仕事を見つけ楽しく働いています。 経験談を元に、人間関係の悩みや事務職転職のアドバイスを発信しています。

-おすすめ商品レビュー