人間関係の悩み

職場で自分の悪口や陰口を聞こえたときの対処法【行動編】【マインド編】

  1. HOME >
  2. 人間関係の悩み >

職場で自分の悪口や陰口を聞こえたときの対処法【行動編】【マインド編】

 

仕事で悩む女性
職場で同僚や上司が自分の陰口や悪口が聞こえてきた。…どうしよう。
一度陰口を聞いてしまうと、全員が自分の悪口を言ってるのではと人間不信になった経験はありますよね。
誰に対しても警戒したり緊張状態が続くと、心も身体も疲れて落ち込んだりマイナス思考になりがち…。

今日はそんな職場で自分の陰口や悪口を聞いてしまったときの考え方と対処法を分けてお伝えします。

陰口や悪口の自分で対処する方法

  • 少しだけ落ち込んでみる
  • 紙に自分の今の思いを書き出す
  • 自分の悪口や陰口が聞こえても自分をせめない
  • 信頼できる人やカウンセラーに相談
  • 本を読む
  • 職場以外の居場所を作る
  • 昼食時に外で気分転換をする
  • 限界値を決めておく

周りは気にせず、ポジティブ!と無理やり気持ちを持っていくと、反動で落ち込むことも多いです。

自分の味方や自分が安心できる場所を確保することが大切です。

ただし、長期戦で戦うのは心も体も疲れてしまうので、もうムリと思ったら我慢せずに逃げるのも大切です。

悪口や陰口を周りの手を借りて対処する方法

  • 職場の上司・部門に相談
  • カウンセリングを受ける
  • 転職サイトに登録(転職しない)
  • 退職代行サイトをお守りとして持っておく
  • 転職する

退職の意思や転職の意思がない場合も、他の職場を見たり退職代行を見て自分の逃げ場を確保するだけでも心の余裕が違います。

カウンセリングや人に話すことによって、自分の気持ちを吐き出すだけで肩の荷物が下りて自分を分かってくれる味方を増やすだけでも安心感が違います。

\ 相談するか悩んでいる人へ /

ココナラで探す

こんな方におすすめ

  • 職場で自分の陰口や悪口が聞こえてた人
  • 職場で自分の陰口や悪口を聞いてしまった人
  • 職場で陰口や悪口を言われて落ち込んでいる人
  • 職場で陰口や悪口を言われたときの受け止め方を知りたい人
  • 職場で陰口や悪口を言われたときの対処法を知りたい人

スポンサー

職場で陰口や悪口を言う心理

職場の陰口で孤立する図
対処法を知りたいのに陰口や悪口を言う人の心理なんて知りたくないよ!
敵を知り、己を知れば百戦危うからずという孫子の言葉があるの。
これは相手を研究することによって、自分の身を守り戦いに勝ち乗り越える手法を示す言葉です。

まずは、相手を知ることによって陰口や悪口から自分の身を守るためにも、
悪口を言う人の心理を簡単に理解していきましょう。

  • 他人と比べて自分が優位に立ちたい
  • 周りから認められたい
  • 悪口を言って共通の話題で仲良くなりたいから
  • 家庭やプライベートに不満がある

他人と比べて自分が優位に立ちたい、周りから認められたい

あなたの悪口・陰口を言って周りから認められたい!
そんな他人と比べて優位に立って周りから認められない人の多くは、

  • 仕事ができない人と比べて自分は大丈夫と安心を得たい人
  • 自分に自信がない人
  • 他人と比べて自分はすごいという優越感に浸りたい人

比べる対象は常に仕事のできない人

比べている人があなたよりも仕事ができるようになったら、
また自分よりも仕事ができない人と比べています。

自分軸ではなく他人と比較し続けてまるで成長がない人と思うとかわいそうな人でもあります。

陰口を言った本人の仕事があなたへ引き継いだ場合、

  • 他の仕事も取られるのではというあせり
  • 不安や劣等感


から陰口に発展する場合もあります。

実際あったケース

上司のAさんが「Bさんって仕事も遅いしミスも多いよね」と言った場合、Aさんの心の中では

  • それに比べて私は仕事も早いしミスも少ない(優越感
  • 自分の仕事を取られたから、不安や劣等感からBさんのあら探しをして安心をしたい(安心感

Aさんが仕事ができないまたはミスが多い自覚があれば、
Bさんに対して陰口は言わないでしょう。

自分の仕事も取られるかもしれないから人のあら探しをして自分が安心を得たいということも考えられます。

こういった、マウントと呼ばれる行為も多くあります。
そんなマウントを対処するにはスルースキルが必須です。

手を腰に当てる女性
友達や職場でのマウントする女が嫌い!マウントされた時に考えたいこと

悪口や陰口を言うことで共通の話題で仲良くなりたいから

共通の話題で盛り上がる人をアヒルに例える画像

女性の多い職場には必ずグループができてしまいます。

中でもボス的存在(お局様)がいるグループは発言力が強い傾向にあります。

共通の敵がいると団結力が強くなり、
その人を排除することによって仲良くなれるもの
なのです。

理解しがたい心理ですが、陰口を言った人も内心は恐れているんです。

陰口に共感した人も内心は

次は自分に回ってくるかもしれない

とビクビクしているのです。

それは、親しくなっているのではなく「慣れあっているだけ」

お互いに信頼関係がある「友情」ではなく、
いつか裏切られる関係性にあります。

環境が変わる度に新しいものを排除したいという心理が働いているため、
変化を受け入れられない人に多いです。

変化を受け入れられない人は成長のない人。

環境の変化を受け入れられないと
その人自身の成長も止まってしまいます。

デメリット

  • 悪口や陰口をいうことで、仲良くなったように見えるがいつか裏切る関係性にある
  • 悪口や陰口を言った人も次は自分に回ってくるかもしれないとビクビクしている
  • 悪口や陰口を言って仲良さそうに見えるが、それは慣れ合ってるだけ

家庭やプライベートに不満がある

家庭やプライベートがうまくいっていない人もこの傾向にあります。

ずっと陰口を言い続けていると、友達は当然離れていきますよね。
プライベートも陰口でひたすら盛り上がって終わりなんて悲しくありませんか。

周りも陰口が当たり前でネガティブなことを言う人ばかり。

家庭環境が不満の多い中で生活していると、発散する場所が職場しかありません。

本人は気づいていないけど、実はとてもかわいそうな人。

スポンサー

職場の悪口や陰口を聞いて落ち込んだ時の対処法7選【マインド編】

職場の悪口や陰口の対処法を考える女性
陰口をいう人の特徴や心理が分かったところで、陰口を言われた時はどういった受け止め方をしたらいいのかな?
実体験を通して書いてみました。
  • 少しだけ落ち込んでみる
  • 自分の悪口や陰口が聞こえても自分をせめない
  • 信頼できる人やカウンセラーに相談
  • 本を読む
  • 職場以外の居場所を作る
  • 昼食時に外で気分転換をする
  • 限界値を決めておく

  • 周りと違うのは当たり前なのに普通じゃないと思ってしまう
  • みんなの輪に入れず一人ぼっちになるのではないか
  • 自分の悪い方向にもっていく癖がある
  • 周りと比較して落ち込む

という突拍子なマイナス思考や不安でどうしよう…という気持ちにかられるんです。

周りからこう思われてるからとか、周りに追いつかないと!と周りを比較しすぎて落ち込んでしまう。

周囲と比べすぎて、落ち込んで自信をなくしてしまうという悪循環に陥ってきます。

自分なんてダメだと落ち込んで恨みを抱く

その渦中にいるとツライ・しんどい・泣きたい気持ちがあるのですが、

  • その職場の陰口から離れた時、数年の恨みや嫌な思いがふつふつとわいてくる

落ち込むのも大変なんですが、この恨みという感情は非常にやっかいです。

なぜなら、

  • 年数を重ねると、他人を恨む気持ちや嫌な思い(ネガティブループ)から抜け出せなくなるから。
もう我慢するのつらい!

恨む気持ちは、陰口や辛い思いをしている時は感じにくいんですが、(私の場合)

いざ職場から離れると何年も何年も悪夢のようにやってきます。

特に職場から離れて幸せになったときにふとやってきます。

陰口や悪口を言われてようやく自己肯定感は何年もかけて戻ってきますが、

恨む気持ちの決別はまだまだ時間がかかりそうです。

自分なんてダメだと思った時の対処法

リクナビNEXTやストレングスファインダーで自分の強みをとにかく見つけて自信をすこしずつ取り戻すこと!

リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分の強みや得意なことを発見して、
少しずつ自分に対する自信を取り戻してきました。

ですが、即効性はなく徐々にゆっくり取り戻していくことが大切です。

転職の時の自己PRにできることだけではなく、自分の自己肯定感を取り戻す作業のひとつとして使ってました。

内緒話に敏感になる

周りがヒソヒソなにかを話すと

自分が悪いことをしたのではないか

と落ち込んだり、周りから見た自分を常に意識していました。

退職しても、

我慢し続けたせいで恨む気持ちやあの時ああしていれば…

過去にとらわれた感覚が残って意味もなく落ち込んだり疲れた気持ちになってしまうのです。

もう終わったことを繰り返し思い出してしまうジレンマ…

スポンサー

自分に非があったとしても悪口や陰口を言う人が悪い

自分の悪い部分があった場合、欠点を直すきっかけにもなります。

注意してほしいのは、一度直してもまた別のことをチクリチクリと陰で言われた場合。

自分が相手の言う通りに変わろうとしても、
相手はまたあなたのあら探しをする場合もあるので要注意です。

その場で指摘されるなら良いのですが、
その人に振り回される恐れがありますので気をつけましょう。

そして、この話を上司に盛って相談する悪質なケースもあります。

注意

自分の悪い部分を一度直しても、また別のことで陰口を言われた場合、相手はあなたのあら探しをするので振り回されないよう注意する

最初から仕事を完璧にできる人はいない

自分に非があって陰口や悪口を言われる場合、
未経験から仕事を初めてする人に多いです。

頭に入れておきたいのは、
最初から仕事を完璧にできる人はいません。

最初から仕事をそこそここなせる人は、
経験が多少ベースができている人です。

悪口や陰口を言う人だって、初めから完璧に仕事はできません。

それこそ、多様性ですぐに覚えてモノにできる人や何度も何度も頭に入れてようやくできる人もいます。

はじめから完璧!なんて人はいないよね。

最初こそ、仕事をこなすまで時間がかかる場合があります。

ですが、月日を経て確実に昨日の自分より成長して仕事ができるようになるので、

自分だけ仕事ができない。

責めずに最初は誰もが通る道。

陰口や悪口を言ってストレス発散に言っている人の程度が低いだけなので、
あなたはあなたの目標に向かって行動しましょう。

もしも、頼ることが多いから上司にも迷惑がかかっているのかなあ?
そんな時は頼られ過ぎる立場の視点から見ると勉強にことがあるので、参考にどうぞ

仕事で頼られるのが辛い時の解決策
仕事で頼られるのが辛い人ときの解決策

続きを見る

職場の悪口や陰口をやめさせる具体的な対処法2つ【行動編】

職場の陰口の対処法を知る女性

ここからは、具体的に行動を起こして職場の悪口や陰口をやめさせる方法になります。

職場の悪口や陰口が長引くと受け止め方やとらえ方を変えてもぶれてくるから要注意ですよ。

自分自身が悪口や陰口をムシするのが一番ですが、
勇気と行動をもって対処したいという方に向けた記事になります。

対処法は2つ。

職場の陰口をやめさせる具体的な行動

  • 会社の部署窓口や電話相談窓口にする
  • 転職を考える

会社の部署窓口や上司に相談する

会社の上司に相談する画像
職場での陰口や悪口が続けば続くほどあなたの仕事に悪い影響が出てしまうかも。

会社には社員が心も身体も元気な状態で働くことができるように配慮する義務があるからです。

会社が社内の相談窓口や報告できる部署がある場合は相談しましょう。

もしも、職場の悪口や陰口を言っている対象が上司ではない場合は上司に報告した方が良いでしょう。

そんな上司や相談窓口に報告する場合のポイントを4つをご紹介します。

  • 上司や窓口に報告する場合は感情的にならず、客観的に冷静な心をがける
  • 具体的にどのような悪口や陰口を言われているのかを伝える
  • 会社としてどのような対策をとってもらえるのか確認する
  • 報告後に陰口や悪口がおさまらない時、どんな対処をしたらよいのか確認する

上司によっては、いま置かれている状況より悪化する場合があります。

上司や窓口に相談するデメリットとして、精神的な体力を使うこと。

  • ただでさえ、心も体もボロボロなのにさらに体力を使う行為
  • 周りに言われて余計に関係が悪化する場合あり

大企業なら、サポート体制があるものの中小企業は守ってもらえない可能性の方が高いです。

その場合は、心や身体を壊す前に転職を視野に入れることをおすすめします。

悪化するリスクがあるから怖くて言えない…。

そんな気持ちになっちゃいますよね。

我慢を続けた場合、限界値を決めておかないとあなたの心をじわじわとむしばんでいく恐れがあるので注意が必要です。

転職サイトに登録する

転職まではまだ考えていない人にオススメなのが、求人を見ることです。

転職は考えなくても、見るだけで私は気分転換になりました。

転職サイトに登録だけするメリット

転職はまだ考えていないけど、求人サイトに登録するといいことって?
求人を見るだけでも今この職場よりは良い環境に出会えるチャンスがあるからです。

転職サイトに登録するだけなんですが、この時の私は現実逃避のツールとして利用していました。

dodaとらばーゆリクナビNEXTなど多くの求人に目を向けてみてください。

多くの求人に目を向けることによって、自分自身の目を磨いていくことが重要です。

自分自身の価値に気づいてください。

dodaとらばーゆリクナビNEXT

転職を考える

転職するイメージ画像

転職すると

自分が辞めたら周りに迷惑をかけてしまう

今の会社でもダメだったのに次の会社でもうまくいくのだろうか

ということを考えてしまいますよね。

たとえあなたが辞めたとしても、
会社は回っていくものです。

今の職場がダメだったとしても、
次の会社とは人の考え方も環境も大きく違います。

いろいろな職場で働いたから経験から言えることは、
働いていた職場の常識は常識ではありません。

キャリアカウンセリングも視点が変わる

でも、最悪な状況から脱出できるチャンスがあるけど、自分みたいな人雇ってくれる?
自分ではダメだ…と思っていても第三者視点だと気づくことも多いんです。
自分の価値なんて…と思う人はキャリアカウンセリングを受けるのも一つですよ。

キャリアカウンセリングも転職させられる!というイメージが多いですがそんなことはありません。

転職のプロだからこそ、自分に合っていない環境で仕事をするよりも自分の強みを見つけることができたり、
今の環境よりも良い職場を紹介してくれます。

特にクローズドの優良求人も紹介してくれるので、年収アップの可能性と人間関係のリセットが手に入ります。

今思うと本当にやってよかった。
私のオススメは親身に相談に乗ってくれたdodaさんとマイナビ転職さんでした。

 業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」

働く職場の常識はイコール職場全ての常識ではない

例えば、自分だけ先に帰るのは言語道断。

私は、周りのサポートをしてその仕事が終わるまで残業しなさいというルールがあったのが前の職場でした。

他にも有給休暇は代休で使うこと以外認めないなど会社の独自の理不尽なルールがたくさんあります。
これって常識と思っていたら危険です。

転職後、自分の担当は自分が責任をもってやるような職場だったり、
他の人の仕事は困った時に周りがサポートするような職場でした。

仕事に対する考え方や職場環境は働く場所や会社の方針によって大きく変わってきます。

転職によって得られるメリット

今の環境を確実に変えられること
今よりも良好な人間関係を作れる

これを良い機会として自分のやりたかった未経験の分野に挑戦するのか、

キャリアアップとして転職して収入もアップするのか。

あなたにとって良いチャンスではないでしょうか。

失敗しないためにも、将来の自分を見直す必要があります。

たとえ、転職に至らなかったとしても、
自分やいまの会社に就職した機会を見直す良いチャンスになります。

転職によって得られるデメリット

将来が未知数であること

もし、未経験業務や経験不問の求人を見る時は次の記事を参考にするとブラック企業の入社を防げます。

アイキャッチ画像-未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた
未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

続きを見る

転職することによって、やはり挑戦するリスクは必ずあります。
退職を言うのも勇気がいるなあ…。
上司に伝えづらい、周りに見つかったらどうしよう。
言うタイミングを間違えたら、またうわさや陰口を言われてしまうかも。

そう思う人は多いと思います。

特に周りの目に敏感になっている時はなおさらだよね。

そんな退職を伝えるのが怖いと感じたり辛い思う方は、退職代行といったサービスを使うことで解消できます。

怖い思いをするなら、お金で解決してさっさと辞めてしまいたい。

そんな人にもおすすめですが、最後の切り札として覚えておくだけでも気が楽になります。

スポンサー

退職代行はお守りとして有効

退職代行のなかでおすすめしたいのは、わたしNEXTの退職代行サービスです。

  • 残業代・退職金の交渉がしっかりしている
  • 残った有給休暇の消化が可能
  • 未払いの残業代も交渉可能

低価格な退職代行サービスだと残業代や退職金が出ない場合があります。
わたしNEXTJRAA(日本退職代行協会)認証で「特級認定」を取得しているので、安心できるでしょう。

デメリット


ナイトワーク(キャバクラ・風俗等)の退職代行はできない
LINEで相談後、会社との交渉は代行してくれるのが嬉しいポイント。

会社の悪口や陰口がもう限界値を越えて、最悪の状態に陥った時、こういった方法を使うことで回避できます。

もういやだ!職場の陰口悪口で自分が限界!

そんな限界はある日突然きます。

そういった時のお守りとして、知っておくだけで心が軽くなるので覚えておきましょうね。

早めに辞めた方がいい理由:トラウマになる場合あり

仕事を辞めて次の環境に移った時、私は前の職場でいじめられた夢をよく見るようになりました。

今の仕事環境は幸せいっぱいで、自由に仕事をすることができます。

が、

  • 寝る前に前の仕事であの時こうしていればよかった…

  • あの時なんで言い返せなかったんだろう…

そんな苦悩が今もずっと続いています。

いじめられた経験がある人は分かるかもしれませんが、

終わったけどいまだずっと引きずり続けるんですよね。

いじめられた側は忘れたくても忘れられず、心の傷が残ってえぐり続けています。
あれから、10年と少し。トラウマというほどではないのですが、悪夢はいまだに続いています。

辞めて次の仕事へ向かって、今の仕事とはサヨナラしたんですが、

いまだに前の職場でされたことや嫌だったことを思い出して

落ち込むことも多いです。

アイキャッチタイトル
参考昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう人へ。よい夢を見る方法とは

続きを見る

転職してから陰口や悪口を言う職場の異常に気づけた

転職は逃げだと思う人やもう年齢が転職に不利だと感じている人、
家族を抱えている人様々な事情があると思います。

ですが、転職を経験して様々な人間関係をみる内に、
あの職場は異常だったと気づけたことはとても大きかったです。

長い間、続けてきた分仕事の経験は積めましたが、それ以上に

自分の自信のなさや体調のことを考えると職場に7年もいる必要ってあったのかな

こう思うこともあります。

続けることが正しいのか辞めることが正しいのか。

心や身体を壊す前に一度、
何のための仕事なのかということをもう一度考え直しても良いかもしれません。

仕事がつらい。職場はしんどくて当たり前!

こう思っている人はこちらの記事を参考をすると、今の職場の異常性に気づけるかもしれません。

タイトルアイキャッチ
会社や仕事はしんどくて辛いのは当たり前?ツラくてしんどい時の解決策

職場の陰口や悪口が何気ない日常にも影響が出ることも

こんなことで仕事から逃げて次でやっていけるのだろうか。
人間関係はどこも一緒だからある程度は我慢しなきゃ。

そう思っていましたが、心が知らず知らずのうちにむしばまれた時、体や感情にも影響が出てきます。

ちょっとしたことでイライラしたり感情的になっていた原因は、仕事が影響していたのかと今さらながら思います。

職場の陰口や悪口の気づきにくい自身の影響

  • ちょっとしたことでイライラする
  • 夢中になれるものがなくなった
  • 仕事の陰口を気にしてから肌の調子が悪い
あーいつものストレスね。

なんて、あまり重要視しないために
自分ではスルーしてしまうことが多いです。

肌の調子が悪い!高い化粧品買っても全然良くならない!

こういう人は人間関係のストレスや、
食事をおろそかにしていないかなどに目を向けるのも一つです。

肌トラブルは元々の肌質やいろいろな要因があるかと思います。

あくまで参考程度に目を向けてみてくださいね。

職場の陰口が耐えられなくて退職。
後に気づいたこと

最後まで不安なまま退職しましたが、

退職後、感情がおだやかになったり、体調をはじめ肌の調子がとても良くなりました!(個人差あるかと思いますが(笑))

退職して良かった!

後から気づいたことは

  • 会社の独自のルールが存在して苦しめられたこと
  • 職場の力関係があって周りにビクビクしてたこと
  • 残業も多く睡眠時間も少なかったからまともな思考ができなかったこと
今思ったらやっぱり異常…。

それでも7年いたのは、周りから陰口を言われて

自分なんかに向いている仕事なんてあるはずない

思い込んで正常な判断ができないことでした。

決して7年が無駄とは思いませんが、

もうちょっと良い環境があったのでは…

と思います。

【まとめ】悪口や陰口を言う会社に働き続ける価値はない

職場で助け合う人たち

職場での悪口や陰口というのをなくすということはとても難しいことです。

最後にお伝えしたいことは、陰口や悪口をいう職場で働き続けることがつらいと感じるのであれば、
それはあなたにとってもっと良い会社にめぐり合えるチャンスなのかもしれない

ということです。

私はいろいろな職場で働いたり、仕事の悩みを聞いたりする実体験を通して言えるのは、

悪口や陰口を言う職場というのは、成長の見込めない会社といっても過言ではありません。

実際、残業が多く他人の陰口ばかり言う会社で働いていましたが、
その会社は別会社に吸収されてさらに要求の厳しい過酷な環境の中で働き続けていました。

とある会社の社長と面談したときに

悪口や陰口をなくすにはどうしたらいいですか?

と質問したことがありました。

グチは思考停止させ自分の成長も止めてしまう。
言いたくなったら、その問題を解決するためにどうしたらいいのか考えることが大切だ

とおっしゃっていました。

良い会社、成長している会社であれば、悩みが発生したときは誰かが助けてくれるもの。

悪口や陰口が当たり前のように行われる職場で、
勤務中にいない人の悪口を楽しそうに話す上司や同僚。

そんな人たちに対して、誰も助けてくれる人がいなければ、その会社には未来はありません。

実際、私の働いていた職場のようにね。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

もし、つらい…苦しいなんていうことがあればお気軽にコメントを寄せて頂けると嬉しいです。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

  • 肯定されなかったら自分の意見を否定されている勘違いがおきる
  • マウンティングされる友人を引き寄せる

その職場を離れ、年月が経った今だから客観的にみることができますが、その渦中にいると否定された!という悲しみが多かったです。

そして自信をなくした人のデメリットがもう一つ。

自信がないとマウンティングされやすい特徴の一つでもあり、知らず知らずのうちにマウンティングする人を引き寄せてしまうので注意が必要です。

マウントされやすい人の特徴

周りの反応を気にしすぎる

周りの評価や反応を異常に気にしてしまうこと。

  • 周りと違うのは当たり前なのに普通じゃないと思ってしまう
  • みんなの輪に入れず一人ぼっちになるのではないか
  • 自分の悪い方向にもっていく癖がある
  • 周りと比較して落ち込む

という突拍子なマイナス思考や不安でどうしよう…という気持ちにかられるんです。

周りからこう思われてるからとか、周りに追いつかないと!と周りを比較しすぎて落ち込んでしまう。

周囲と比べすぎて、落ち込んで自信をなくしてしまうという悪循環に陥ってきます。

自分なんてダメだと落ち込んで恨みを抱く

その渦中にいるとツライ・しんどい・泣きたい気持ちがあるのですが、

  • その職場の陰口から離れた時、数年の恨みや嫌な思いがふつふつとわいてくる

落ち込むのも大変なんですが、この恨みという感情は非常にやっかいです。

なぜなら、

  • 年数を重ねると、他人を恨む気持ちや嫌な思い(ネガティブループ)から抜け出せなくなるから。
もう我慢するのつらい!

恨む気持ちは、陰口や辛い思いをしている時は感じにくいんですが、(私の場合)

いざ職場から離れると何年も何年も悪夢のようにやってきます。

特に職場から離れて幸せになったときにふとやってきます。

陰口や悪口を言われてようやく自己肯定感は何年もかけて戻ってきますが、

恨む気持ちの決別はまだまだ時間がかかりそうです。

自分なんてダメだと思った時の対処法

リクナビNEXTやストレングスファインダーで自分の強みをとにかく見つけて自信をすこしずつ取り戻すこと!

リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分の強みや得意なことを発見して、
少しずつ自分に対する自信を取り戻してきました。

ですが、即効性はなく徐々にゆっくり取り戻していくことが大切です。

転職の時の自己PRにできることだけではなく、自分の自己肯定感を取り戻す作業のひとつとして使ってました。

内緒話に敏感になる

周りがヒソヒソなにかを話すと

自分が悪いことをしたのではないか

と落ち込んだり、周りから見た自分を常に意識していました。

退職しても、

我慢し続けたせいで恨む気持ちやあの時ああしていれば…

過去にとらわれた感覚が残って意味もなく落ち込んだり疲れた気持ちになってしまうのです。

もう終わったことを繰り返し思い出してしまうジレンマ…

スポンサー

自分に非があったとしても悪口や陰口を言う人が悪い

自分の悪い部分があった場合、欠点を直すきっかけにもなります。

注意してほしいのは、一度直してもまた別のことをチクリチクリと陰で言われた場合。

自分が相手の言う通りに変わろうとしても、
相手はまたあなたのあら探しをする場合もあるので要注意です。

その場で指摘されるなら良いのですが、
その人に振り回される恐れがありますので気をつけましょう。

そして、この話を上司に盛って相談する悪質なケースもあります。

注意

自分の悪い部分を一度直しても、また別のことで陰口を言われた場合、相手はあなたのあら探しをするので振り回されないよう注意する

最初から仕事を完璧にできる人はいない

自分に非があって陰口や悪口を言われる場合、
未経験から仕事を初めてする人に多いです。

頭に入れておきたいのは、
最初から仕事を完璧にできる人はいません。

最初から仕事をそこそここなせる人は、
経験が多少ベースができている人です。

悪口や陰口を言う人だって、初めから完璧に仕事はできません。

それこそ、多様性ですぐに覚えてモノにできる人や何度も何度も頭に入れてようやくできる人もいます。

はじめから完璧!なんて人はいないよね。

最初こそ、仕事をこなすまで時間がかかる場合があります。

ですが、月日を経て確実に昨日の自分より成長して仕事ができるようになるので、

自分だけ仕事ができない。

責めずに最初は誰もが通る道。

陰口や悪口を言ってストレス発散に言っている人の程度が低いだけなので、
あなたはあなたの目標に向かって行動しましょう。

もしも、頼ることが多いから上司にも迷惑がかかっているのかなあ?
そんな時は頼られ過ぎる立場の視点から見ると勉強にことがあるので、参考にどうぞ

仕事で頼られるのが辛い時の解決策
仕事で頼られるのが辛い人ときの解決策

続きを見る

職場の悪口や陰口をやめさせる具体的な対処法2つ【行動編】

職場の陰口の対処法を知る女性

ここからは、具体的に行動を起こして職場の悪口や陰口をやめさせる方法になります。

職場の悪口や陰口が長引くと受け止め方やとらえ方を変えてもぶれてくるから要注意ですよ。

自分自身が悪口や陰口をムシするのが一番ですが、
勇気と行動をもって対処したいという方に向けた記事になります。

対処法は2つ。

職場の陰口をやめさせる具体的な行動

  • 会社の部署窓口や電話相談窓口にする
  • 転職を考える

会社の部署窓口や上司に相談する

会社の上司に相談する画像
職場での陰口や悪口が続けば続くほどあなたの仕事に悪い影響が出てしまうかも。

会社には社員が心も身体も元気な状態で働くことができるように配慮する義務があるからです。

会社が社内の相談窓口や報告できる部署がある場合は相談しましょう。

もしも、職場の悪口や陰口を言っている対象が上司ではない場合は上司に報告した方が良いでしょう。

そんな上司や相談窓口に報告する場合のポイントを4つをご紹介します。

  • 上司や窓口に報告する場合は感情的にならず、客観的に冷静な心をがける
  • 具体的にどのような悪口や陰口を言われているのかを伝える
  • 会社としてどのような対策をとってもらえるのか確認する
  • 報告後に陰口や悪口がおさまらない時、どんな対処をしたらよいのか確認する

上司によっては、いま置かれている状況より悪化する場合があります。

上司や窓口に相談するデメリットとして、精神的な体力を使うこと。

  • ただでさえ、心も体もボロボロなのにさらに体力を使う行為
  • 周りに言われて余計に関係が悪化する場合あり

大企業なら、サポート体制があるものの中小企業は守ってもらえない可能性の方が高いです。

その場合は、心や身体を壊す前に転職を視野に入れることをおすすめします。

悪化するリスクがあるから怖くて言えない…。

そんな気持ちになっちゃいますよね。

我慢を続けた場合、限界値を決めておかないとあなたの心をじわじわとむしばんでいく恐れがあるので注意が必要です。

転職サイトに登録する

転職まではまだ考えていない人にオススメなのが、求人を見ることです。

転職は考えなくても、見るだけで私は気分転換になりました。

転職サイトに登録だけするメリット

転職はまだ考えていないけど、求人サイトに登録するといいことって?
求人を見るだけでも今この職場よりは良い環境に出会えるチャンスがあるからです。

転職サイトに登録するだけなんですが、この時の私は現実逃避のツールとして利用していました。

dodaとらばーゆリクナビNEXTなど多くの求人に目を向けてみてください。

多くの求人に目を向けることによって、自分自身の目を磨いていくことが重要です。

自分自身の価値に気づいてください。

dodaとらばーゆリクナビNEXT

転職を考える

転職するイメージ画像

転職すると

自分が辞めたら周りに迷惑をかけてしまう

今の会社でもダメだったのに次の会社でもうまくいくのだろうか

ということを考えてしまいますよね。

たとえあなたが辞めたとしても、
会社は回っていくものです。

今の職場がダメだったとしても、
次の会社とは人の考え方も環境も大きく違います。

いろいろな職場で働いたから経験から言えることは、
働いていた職場の常識は常識ではありません。

キャリアカウンセリングも視点が変わる

でも、最悪な状況から脱出できるチャンスがあるけど、自分みたいな人雇ってくれる?
自分ではダメだ…と思っていても第三者視点だと気づくことも多いんです。
自分の価値なんて…と思う人はキャリアカウンセリングを受けるのも一つですよ。

キャリアカウンセリングも転職させられる!というイメージが多いですがそんなことはありません。

転職のプロだからこそ、自分に合っていない環境で仕事をするよりも自分の強みを見つけることができたり、
今の環境よりも良い職場を紹介してくれます。

特にクローズドの優良求人も紹介してくれるので、年収アップの可能性と人間関係のリセットが手に入ります。

今思うと本当にやってよかった。
私のオススメは親身に相談に乗ってくれたdodaさんとマイナビ転職さんでした。

 業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」

働く職場の常識はイコール職場全ての常識ではない

例えば、自分だけ先に帰るのは言語道断。

私は、周りのサポートをしてその仕事が終わるまで残業しなさいというルールがあったのが前の職場でした。

他にも有給休暇は代休で使うこと以外認めないなど会社の独自の理不尽なルールがたくさんあります。
これって常識と思っていたら危険です。

転職後、自分の担当は自分が責任をもってやるような職場だったり、
他の人の仕事は困った時に周りがサポートするような職場でした。

仕事に対する考え方や職場環境は働く場所や会社の方針によって大きく変わってきます。

転職によって得られるメリット

今の環境を確実に変えられること
今よりも良好な人間関係を作れる

これを良い機会として自分のやりたかった未経験の分野に挑戦するのか、

キャリアアップとして転職して収入もアップするのか。

あなたにとって良いチャンスではないでしょうか。

失敗しないためにも、将来の自分を見直す必要があります。

たとえ、転職に至らなかったとしても、
自分やいまの会社に就職した機会を見直す良いチャンスになります。

転職によって得られるデメリット

将来が未知数であること

もし、未経験業務や経験不問の求人を見る時は次の記事を参考にするとブラック企業の入社を防げます。

アイキャッチ画像-未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた
未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

続きを見る

転職することによって、やはり挑戦するリスクは必ずあります。
退職を言うのも勇気がいるなあ…。
上司に伝えづらい、周りに見つかったらどうしよう。
言うタイミングを間違えたら、またうわさや陰口を言われてしまうかも。

そう思う人は多いと思います。

特に周りの目に敏感になっている時はなおさらだよね。

そんな退職を伝えるのが怖いと感じたり辛い思う方は、退職代行といったサービスを使うことで解消できます。

怖い思いをするなら、お金で解決してさっさと辞めてしまいたい。

そんな人にもおすすめですが、最後の切り札として覚えておくだけでも気が楽になります。

スポンサー

退職代行はお守りとして有効

退職代行のなかでおすすめしたいのは、わたしNEXTの退職代行サービスです。

  • 残業代・退職金の交渉がしっかりしている
  • 残った有給休暇の消化が可能
  • 未払いの残業代も交渉可能

低価格な退職代行サービスだと残業代や退職金が出ない場合があります。
わたしNEXTJRAA(日本退職代行協会)認証で「特級認定」を取得しているので、安心できるでしょう。

デメリット


ナイトワーク(キャバクラ・風俗等)の退職代行はできない
LINEで相談後、会社との交渉は代行してくれるのが嬉しいポイント。

会社の悪口や陰口がもう限界値を越えて、最悪の状態に陥った時、こういった方法を使うことで回避できます。

もういやだ!職場の陰口悪口で自分が限界!

そんな限界はある日突然きます。

そういった時のお守りとして、知っておくだけで心が軽くなるので覚えておきましょうね。

早めに辞めた方がいい理由:トラウマになる場合あり

仕事を辞めて次の環境に移った時、私は前の職場でいじめられた夢をよく見るようになりました。

今の仕事環境は幸せいっぱいで、自由に仕事をすることができます。

が、

  • 寝る前に前の仕事であの時こうしていればよかった…

  • あの時なんで言い返せなかったんだろう…

そんな苦悩が今もずっと続いています。

いじめられた経験がある人は分かるかもしれませんが、

終わったけどいまだずっと引きずり続けるんですよね。

いじめられた側は忘れたくても忘れられず、心の傷が残ってえぐり続けています。
あれから、10年と少し。トラウマというほどではないのですが、悪夢はいまだに続いています。

辞めて次の仕事へ向かって、今の仕事とはサヨナラしたんですが、

いまだに前の職場でされたことや嫌だったことを思い出して

落ち込むことも多いです。

アイキャッチタイトル
参考昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう人へ。よい夢を見る方法とは

続きを見る

転職してから陰口や悪口を言う職場の異常に気づけた

転職は逃げだと思う人やもう年齢が転職に不利だと感じている人、
家族を抱えている人様々な事情があると思います。

ですが、転職を経験して様々な人間関係をみる内に、
あの職場は異常だったと気づけたことはとても大きかったです。

長い間、続けてきた分仕事の経験は積めましたが、それ以上に

自分の自信のなさや体調のことを考えると職場に7年もいる必要ってあったのかな

こう思うこともあります。

続けることが正しいのか辞めることが正しいのか。

心や身体を壊す前に一度、
何のための仕事なのかということをもう一度考え直しても良いかもしれません。

仕事がつらい。職場はしんどくて当たり前!

こう思っている人はこちらの記事を参考をすると、今の職場の異常性に気づけるかもしれません。

タイトルアイキャッチ
会社や仕事はしんどくて辛いのは当たり前?ツラくてしんどい時の解決策

職場の陰口や悪口が何気ない日常にも影響が出ることも

こんなことで仕事から逃げて次でやっていけるのだろうか。
人間関係はどこも一緒だからある程度は我慢しなきゃ。

そう思っていましたが、心が知らず知らずのうちにむしばまれた時、体や感情にも影響が出てきます。

ちょっとしたことでイライラしたり感情的になっていた原因は、仕事が影響していたのかと今さらながら思います。

職場の陰口や悪口の気づきにくい自身の影響

  • ちょっとしたことでイライラする
  • 夢中になれるものがなくなった
  • 仕事の陰口を気にしてから肌の調子が悪い
あーいつものストレスね。

なんて、あまり重要視しないために
自分ではスルーしてしまうことが多いです。

肌の調子が悪い!高い化粧品買っても全然良くならない!

こういう人は人間関係のストレスや、
食事をおろそかにしていないかなどに目を向けるのも一つです。

肌トラブルは元々の肌質やいろいろな要因があるかと思います。

あくまで参考程度に目を向けてみてくださいね。

職場の陰口が耐えられなくて退職。
後に気づいたこと

最後まで不安なまま退職しましたが、

退職後、感情がおだやかになったり、体調をはじめ肌の調子がとても良くなりました!(個人差あるかと思いますが(笑))

退職して良かった!

後から気づいたことは

  • 会社の独自のルールが存在して苦しめられたこと
  • 職場の力関係があって周りにビクビクしてたこと
  • 残業も多く睡眠時間も少なかったからまともな思考ができなかったこと
今思ったらやっぱり異常…。

それでも7年いたのは、周りから陰口を言われて

自分なんかに向いている仕事なんてあるはずない

思い込んで正常な判断ができないことでした。

決して7年が無駄とは思いませんが、

もうちょっと良い環境があったのでは…

と思います。

【まとめ】悪口や陰口を言う会社に働き続ける価値はない

職場で助け合う人たち

職場での悪口や陰口というのをなくすということはとても難しいことです。

最後にお伝えしたいことは、陰口や悪口をいう職場で働き続けることがつらいと感じるのであれば、
それはあなたにとってもっと良い会社にめぐり合えるチャンスなのかもしれない

ということです。

私はいろいろな職場で働いたり、仕事の悩みを聞いたりする実体験を通して言えるのは、

悪口や陰口を言う職場というのは、成長の見込めない会社といっても過言ではありません。

実際、残業が多く他人の陰口ばかり言う会社で働いていましたが、
その会社は別会社に吸収されてさらに要求の厳しい過酷な環境の中で働き続けていました。

とある会社の社長と面談したときに

悪口や陰口をなくすにはどうしたらいいですか?

と質問したことがありました。

グチは思考停止させ自分の成長も止めてしまう。
言いたくなったら、その問題を解決するためにどうしたらいいのか考えることが大切だ

とおっしゃっていました。

良い会社、成長している会社であれば、悩みが発生したときは誰かが助けてくれるもの。

悪口や陰口が当たり前のように行われる職場で、
勤務中にいない人の悪口を楽しそうに話す上司や同僚。

そんな人たちに対して、誰も助けてくれる人がいなければ、その会社には未来はありません。

実際、私の働いていた職場のようにね。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

もし、つらい…苦しいなんていうことがあればお気軽にコメントを寄せて頂けると嬉しいです。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

メリットの一方で、デメリットは非常に大きなものでした。

自分に自信がなくなる

普段親しい友人や自分に自信もないあまり、多様性や個性の違いを自分とは違うことと否定された気持ちが一緒になって落ち込んでしまうことがありました。

決して友人が悪いわけではなく、

  • 肯定されなかったら自分の意見を否定されている勘違いがおきる
  • マウンティングされる友人を引き寄せる

その職場を離れ、年月が経った今だから客観的にみることができますが、その渦中にいると否定された!という悲しみが多かったです。

そして自信をなくした人のデメリットがもう一つ。

自信がないとマウンティングされやすい特徴の一つでもあり、知らず知らずのうちにマウンティングする人を引き寄せてしまうので注意が必要です。

マウントされやすい人の特徴

周りの反応を気にしすぎる

周りの評価や反応を異常に気にしてしまうこと。

  • 周りと違うのは当たり前なのに普通じゃないと思ってしまう
  • みんなの輪に入れず一人ぼっちになるのではないか
  • 自分の悪い方向にもっていく癖がある
  • 周りと比較して落ち込む

という突拍子なマイナス思考や不安でどうしよう…という気持ちにかられるんです。

周りからこう思われてるからとか、周りに追いつかないと!と周りを比較しすぎて落ち込んでしまう。

周囲と比べすぎて、落ち込んで自信をなくしてしまうという悪循環に陥ってきます。

自分なんてダメだと落ち込んで恨みを抱く

その渦中にいるとツライ・しんどい・泣きたい気持ちがあるのですが、

  • その職場の陰口から離れた時、数年の恨みや嫌な思いがふつふつとわいてくる

落ち込むのも大変なんですが、この恨みという感情は非常にやっかいです。

なぜなら、

  • 年数を重ねると、他人を恨む気持ちや嫌な思い(ネガティブループ)から抜け出せなくなるから。
もう我慢するのつらい!

恨む気持ちは、陰口や辛い思いをしている時は感じにくいんですが、(私の場合)

いざ職場から離れると何年も何年も悪夢のようにやってきます。

特に職場から離れて幸せになったときにふとやってきます。

陰口や悪口を言われてようやく自己肯定感は何年もかけて戻ってきますが、

恨む気持ちの決別はまだまだ時間がかかりそうです。

自分なんてダメだと思った時の対処法

リクナビNEXTやストレングスファインダーで自分の強みをとにかく見つけて自信をすこしずつ取り戻すこと!

リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分の強みや得意なことを発見して、
少しずつ自分に対する自信を取り戻してきました。

ですが、即効性はなく徐々にゆっくり取り戻していくことが大切です。

転職の時の自己PRにできることだけではなく、自分の自己肯定感を取り戻す作業のひとつとして使ってました。

内緒話に敏感になる

周りがヒソヒソなにかを話すと

自分が悪いことをしたのではないか

と落ち込んだり、周りから見た自分を常に意識していました。

退職しても、

我慢し続けたせいで恨む気持ちやあの時ああしていれば…

過去にとらわれた感覚が残って意味もなく落ち込んだり疲れた気持ちになってしまうのです。

もう終わったことを繰り返し思い出してしまうジレンマ…

スポンサー

自分に非があったとしても悪口や陰口を言う人が悪い

自分の悪い部分があった場合、欠点を直すきっかけにもなります。

注意してほしいのは、一度直してもまた別のことをチクリチクリと陰で言われた場合。

自分が相手の言う通りに変わろうとしても、
相手はまたあなたのあら探しをする場合もあるので要注意です。

その場で指摘されるなら良いのですが、
その人に振り回される恐れがありますので気をつけましょう。

そして、この話を上司に盛って相談する悪質なケースもあります。

注意

自分の悪い部分を一度直しても、また別のことで陰口を言われた場合、相手はあなたのあら探しをするので振り回されないよう注意する

最初から仕事を完璧にできる人はいない

自分に非があって陰口や悪口を言われる場合、
未経験から仕事を初めてする人に多いです。

頭に入れておきたいのは、
最初から仕事を完璧にできる人はいません。

最初から仕事をそこそここなせる人は、
経験が多少ベースができている人です。

悪口や陰口を言う人だって、初めから完璧に仕事はできません。

それこそ、多様性ですぐに覚えてモノにできる人や何度も何度も頭に入れてようやくできる人もいます。

はじめから完璧!なんて人はいないよね。

最初こそ、仕事をこなすまで時間がかかる場合があります。

ですが、月日を経て確実に昨日の自分より成長して仕事ができるようになるので、

自分だけ仕事ができない。

責めずに最初は誰もが通る道。

陰口や悪口を言ってストレス発散に言っている人の程度が低いだけなので、
あなたはあなたの目標に向かって行動しましょう。

もしも、頼ることが多いから上司にも迷惑がかかっているのかなあ?
そんな時は頼られ過ぎる立場の視点から見ると勉強にことがあるので、参考にどうぞ

仕事で頼られるのが辛い時の解決策
仕事で頼られるのが辛い人ときの解決策

続きを見る

職場の悪口や陰口をやめさせる具体的な対処法2つ【行動編】

職場の陰口の対処法を知る女性

ここからは、具体的に行動を起こして職場の悪口や陰口をやめさせる方法になります。

職場の悪口や陰口が長引くと受け止め方やとらえ方を変えてもぶれてくるから要注意ですよ。

自分自身が悪口や陰口をムシするのが一番ですが、
勇気と行動をもって対処したいという方に向けた記事になります。

対処法は2つ。

職場の陰口をやめさせる具体的な行動

  • 会社の部署窓口や電話相談窓口にする
  • 転職を考える

会社の部署窓口や上司に相談する

会社の上司に相談する画像
職場での陰口や悪口が続けば続くほどあなたの仕事に悪い影響が出てしまうかも。

会社には社員が心も身体も元気な状態で働くことができるように配慮する義務があるからです。

会社が社内の相談窓口や報告できる部署がある場合は相談しましょう。

もしも、職場の悪口や陰口を言っている対象が上司ではない場合は上司に報告した方が良いでしょう。

そんな上司や相談窓口に報告する場合のポイントを4つをご紹介します。

  • 上司や窓口に報告する場合は感情的にならず、客観的に冷静な心をがける
  • 具体的にどのような悪口や陰口を言われているのかを伝える
  • 会社としてどのような対策をとってもらえるのか確認する
  • 報告後に陰口や悪口がおさまらない時、どんな対処をしたらよいのか確認する

上司によっては、いま置かれている状況より悪化する場合があります。

上司や窓口に相談するデメリットとして、精神的な体力を使うこと。

  • ただでさえ、心も体もボロボロなのにさらに体力を使う行為
  • 周りに言われて余計に関係が悪化する場合あり

大企業なら、サポート体制があるものの中小企業は守ってもらえない可能性の方が高いです。

その場合は、心や身体を壊す前に転職を視野に入れることをおすすめします。

悪化するリスクがあるから怖くて言えない…。

そんな気持ちになっちゃいますよね。

我慢を続けた場合、限界値を決めておかないとあなたの心をじわじわとむしばんでいく恐れがあるので注意が必要です。

転職サイトに登録する

転職まではまだ考えていない人にオススメなのが、求人を見ることです。

転職は考えなくても、見るだけで私は気分転換になりました。

転職サイトに登録だけするメリット

転職はまだ考えていないけど、求人サイトに登録するといいことって?
求人を見るだけでも今この職場よりは良い環境に出会えるチャンスがあるからです。

転職サイトに登録するだけなんですが、この時の私は現実逃避のツールとして利用していました。

dodaとらばーゆリクナビNEXTなど多くの求人に目を向けてみてください。

多くの求人に目を向けることによって、自分自身の目を磨いていくことが重要です。

自分自身の価値に気づいてください。

dodaとらばーゆリクナビNEXT

転職を考える

転職するイメージ画像

転職すると

自分が辞めたら周りに迷惑をかけてしまう

今の会社でもダメだったのに次の会社でもうまくいくのだろうか

ということを考えてしまいますよね。

たとえあなたが辞めたとしても、
会社は回っていくものです。

今の職場がダメだったとしても、
次の会社とは人の考え方も環境も大きく違います。

いろいろな職場で働いたから経験から言えることは、
働いていた職場の常識は常識ではありません。

キャリアカウンセリングも視点が変わる

でも、最悪な状況から脱出できるチャンスがあるけど、自分みたいな人雇ってくれる?
自分ではダメだ…と思っていても第三者視点だと気づくことも多いんです。
自分の価値なんて…と思う人はキャリアカウンセリングを受けるのも一つですよ。

キャリアカウンセリングも転職させられる!というイメージが多いですがそんなことはありません。

転職のプロだからこそ、自分に合っていない環境で仕事をするよりも自分の強みを見つけることができたり、
今の環境よりも良い職場を紹介してくれます。

特にクローズドの優良求人も紹介してくれるので、年収アップの可能性と人間関係のリセットが手に入ります。

今思うと本当にやってよかった。
私のオススメは親身に相談に乗ってくれたdodaさんとマイナビ転職さんでした。

 業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」

働く職場の常識はイコール職場全ての常識ではない

例えば、自分だけ先に帰るのは言語道断。

私は、周りのサポートをしてその仕事が終わるまで残業しなさいというルールがあったのが前の職場でした。

他にも有給休暇は代休で使うこと以外認めないなど会社の独自の理不尽なルールがたくさんあります。
これって常識と思っていたら危険です。

転職後、自分の担当は自分が責任をもってやるような職場だったり、
他の人の仕事は困った時に周りがサポートするような職場でした。

仕事に対する考え方や職場環境は働く場所や会社の方針によって大きく変わってきます。

転職によって得られるメリット

今の環境を確実に変えられること
今よりも良好な人間関係を作れる

これを良い機会として自分のやりたかった未経験の分野に挑戦するのか、

キャリアアップとして転職して収入もアップするのか。

あなたにとって良いチャンスではないでしょうか。

失敗しないためにも、将来の自分を見直す必要があります。

たとえ、転職に至らなかったとしても、
自分やいまの会社に就職した機会を見直す良いチャンスになります。

転職によって得られるデメリット

将来が未知数であること

もし、未経験業務や経験不問の求人を見る時は次の記事を参考にするとブラック企業の入社を防げます。

アイキャッチ画像-未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた
未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

続きを見る

転職することによって、やはり挑戦するリスクは必ずあります。
退職を言うのも勇気がいるなあ…。
上司に伝えづらい、周りに見つかったらどうしよう。
言うタイミングを間違えたら、またうわさや陰口を言われてしまうかも。

そう思う人は多いと思います。

特に周りの目に敏感になっている時はなおさらだよね。

そんな退職を伝えるのが怖いと感じたり辛い思う方は、退職代行といったサービスを使うことで解消できます。

怖い思いをするなら、お金で解決してさっさと辞めてしまいたい。

そんな人にもおすすめですが、最後の切り札として覚えておくだけでも気が楽になります。

スポンサー

退職代行はお守りとして有効

退職代行のなかでおすすめしたいのは、わたしNEXTの退職代行サービスです。

  • 残業代・退職金の交渉がしっかりしている
  • 残った有給休暇の消化が可能
  • 未払いの残業代も交渉可能

低価格な退職代行サービスだと残業代や退職金が出ない場合があります。
わたしNEXTJRAA(日本退職代行協会)認証で「特級認定」を取得しているので、安心できるでしょう。

デメリット


ナイトワーク(キャバクラ・風俗等)の退職代行はできない
LINEで相談後、会社との交渉は代行してくれるのが嬉しいポイント。

会社の悪口や陰口がもう限界値を越えて、最悪の状態に陥った時、こういった方法を使うことで回避できます。

もういやだ!職場の陰口悪口で自分が限界!

そんな限界はある日突然きます。

そういった時のお守りとして、知っておくだけで心が軽くなるので覚えておきましょうね。

早めに辞めた方がいい理由:トラウマになる場合あり

仕事を辞めて次の環境に移った時、私は前の職場でいじめられた夢をよく見るようになりました。

今の仕事環境は幸せいっぱいで、自由に仕事をすることができます。

が、

  • 寝る前に前の仕事であの時こうしていればよかった…

  • あの時なんで言い返せなかったんだろう…

そんな苦悩が今もずっと続いています。

いじめられた経験がある人は分かるかもしれませんが、

終わったけどいまだずっと引きずり続けるんですよね。

いじめられた側は忘れたくても忘れられず、心の傷が残ってえぐり続けています。
あれから、10年と少し。トラウマというほどではないのですが、悪夢はいまだに続いています。

辞めて次の仕事へ向かって、今の仕事とはサヨナラしたんですが、

いまだに前の職場でされたことや嫌だったことを思い出して

落ち込むことも多いです。

アイキャッチタイトル
参考昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう人へ。よい夢を見る方法とは

続きを見る

転職してから陰口や悪口を言う職場の異常に気づけた

転職は逃げだと思う人やもう年齢が転職に不利だと感じている人、
家族を抱えている人様々な事情があると思います。

ですが、転職を経験して様々な人間関係をみる内に、
あの職場は異常だったと気づけたことはとても大きかったです。

長い間、続けてきた分仕事の経験は積めましたが、それ以上に

自分の自信のなさや体調のことを考えると職場に7年もいる必要ってあったのかな

こう思うこともあります。

続けることが正しいのか辞めることが正しいのか。

心や身体を壊す前に一度、
何のための仕事なのかということをもう一度考え直しても良いかもしれません。

仕事がつらい。職場はしんどくて当たり前!

こう思っている人はこちらの記事を参考をすると、今の職場の異常性に気づけるかもしれません。

タイトルアイキャッチ
会社や仕事はしんどくて辛いのは当たり前?ツラくてしんどい時の解決策

職場の陰口や悪口が何気ない日常にも影響が出ることも

こんなことで仕事から逃げて次でやっていけるのだろうか。
人間関係はどこも一緒だからある程度は我慢しなきゃ。

そう思っていましたが、心が知らず知らずのうちにむしばまれた時、体や感情にも影響が出てきます。

ちょっとしたことでイライラしたり感情的になっていた原因は、仕事が影響していたのかと今さらながら思います。

職場の陰口や悪口の気づきにくい自身の影響

  • ちょっとしたことでイライラする
  • 夢中になれるものがなくなった
  • 仕事の陰口を気にしてから肌の調子が悪い
あーいつものストレスね。

なんて、あまり重要視しないために
自分ではスルーしてしまうことが多いです。

肌の調子が悪い!高い化粧品買っても全然良くならない!

こういう人は人間関係のストレスや、
食事をおろそかにしていないかなどに目を向けるのも一つです。

肌トラブルは元々の肌質やいろいろな要因があるかと思います。

あくまで参考程度に目を向けてみてくださいね。

職場の陰口が耐えられなくて退職。
後に気づいたこと

最後まで不安なまま退職しましたが、

退職後、感情がおだやかになったり、体調をはじめ肌の調子がとても良くなりました!(個人差あるかと思いますが(笑))

退職して良かった!

後から気づいたことは

  • 会社の独自のルールが存在して苦しめられたこと
  • 職場の力関係があって周りにビクビクしてたこと
  • 残業も多く睡眠時間も少なかったからまともな思考ができなかったこと
今思ったらやっぱり異常…。

それでも7年いたのは、周りから陰口を言われて

自分なんかに向いている仕事なんてあるはずない

思い込んで正常な判断ができないことでした。

決して7年が無駄とは思いませんが、

もうちょっと良い環境があったのでは…

と思います。

【まとめ】悪口や陰口を言う会社に働き続ける価値はない

職場で助け合う人たち

職場での悪口や陰口というのをなくすということはとても難しいことです。

最後にお伝えしたいことは、陰口や悪口をいう職場で働き続けることがつらいと感じるのであれば、
それはあなたにとってもっと良い会社にめぐり合えるチャンスなのかもしれない

ということです。

私はいろいろな職場で働いたり、仕事の悩みを聞いたりする実体験を通して言えるのは、

悪口や陰口を言う職場というのは、成長の見込めない会社といっても過言ではありません。

実際、残業が多く他人の陰口ばかり言う会社で働いていましたが、
その会社は別会社に吸収されてさらに要求の厳しい過酷な環境の中で働き続けていました。

とある会社の社長と面談したときに

悪口や陰口をなくすにはどうしたらいいですか?

と質問したことがありました。

グチは思考停止させ自分の成長も止めてしまう。
言いたくなったら、その問題を解決するためにどうしたらいいのか考えることが大切だ

とおっしゃっていました。

良い会社、成長している会社であれば、悩みが発生したときは誰かが助けてくれるもの。

悪口や陰口が当たり前のように行われる職場で、
勤務中にいない人の悪口を楽しそうに話す上司や同僚。

そんな人たちに対して、誰も助けてくれる人がいなければ、その会社には未来はありません。

実際、私の働いていた職場のようにね。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

もし、つらい…苦しいなんていうことがあればお気軽にコメントを寄せて頂けると嬉しいです。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

メリットの一方で、デメリットは非常に大きなものでした。

自分に自信がなくなる

普段親しい友人や自分に自信もないあまり、多様性や個性の違いを自分とは違うことと否定された気持ちが一緒になって落ち込んでしまうことがありました。

決して友人が悪いわけではなく、

  • 肯定されなかったら自分の意見を否定されている勘違いがおきる
  • マウンティングされる友人を引き寄せる

その職場を離れ、年月が経った今だから客観的にみることができますが、その渦中にいると否定された!という悲しみが多かったです。

そして自信をなくした人のデメリットがもう一つ。

自信がないとマウンティングされやすい特徴の一つでもあり、知らず知らずのうちにマウンティングする人を引き寄せてしまうので注意が必要です。

マウントされやすい人の特徴

周りの反応を気にしすぎる

周りの評価や反応を異常に気にしてしまうこと。

  • 周りと違うのは当たり前なのに普通じゃないと思ってしまう
  • みんなの輪に入れず一人ぼっちになるのではないか
  • 自分の悪い方向にもっていく癖がある
  • 周りと比較して落ち込む

という突拍子なマイナス思考や不安でどうしよう…という気持ちにかられるんです。

周りからこう思われてるからとか、周りに追いつかないと!と周りを比較しすぎて落ち込んでしまう。

周囲と比べすぎて、落ち込んで自信をなくしてしまうという悪循環に陥ってきます。

自分なんてダメだと落ち込んで恨みを抱く

その渦中にいるとツライ・しんどい・泣きたい気持ちがあるのですが、

  • その職場の陰口から離れた時、数年の恨みや嫌な思いがふつふつとわいてくる

落ち込むのも大変なんですが、この恨みという感情は非常にやっかいです。

なぜなら、

  • 年数を重ねると、他人を恨む気持ちや嫌な思い(ネガティブループ)から抜け出せなくなるから。
もう我慢するのつらい!

恨む気持ちは、陰口や辛い思いをしている時は感じにくいんですが、(私の場合)

いざ職場から離れると何年も何年も悪夢のようにやってきます。

特に職場から離れて幸せになったときにふとやってきます。

陰口や悪口を言われてようやく自己肯定感は何年もかけて戻ってきますが、

恨む気持ちの決別はまだまだ時間がかかりそうです。

自分なんてダメだと思った時の対処法

リクナビNEXTやストレングスファインダーで自分の強みをとにかく見つけて自信をすこしずつ取り戻すこと!

リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分の強みや得意なことを発見して、
少しずつ自分に対する自信を取り戻してきました。

ですが、即効性はなく徐々にゆっくり取り戻していくことが大切です。

転職の時の自己PRにできることだけではなく、自分の自己肯定感を取り戻す作業のひとつとして使ってました。

内緒話に敏感になる

周りがヒソヒソなにかを話すと

自分が悪いことをしたのではないか

と落ち込んだり、周りから見た自分を常に意識していました。

退職しても、

我慢し続けたせいで恨む気持ちやあの時ああしていれば…

過去にとらわれた感覚が残って意味もなく落ち込んだり疲れた気持ちになってしまうのです。

もう終わったことを繰り返し思い出してしまうジレンマ…

スポンサー

自分に非があったとしても悪口や陰口を言う人が悪い

自分の悪い部分があった場合、欠点を直すきっかけにもなります。

注意してほしいのは、一度直してもまた別のことをチクリチクリと陰で言われた場合。

自分が相手の言う通りに変わろうとしても、
相手はまたあなたのあら探しをする場合もあるので要注意です。

その場で指摘されるなら良いのですが、
その人に振り回される恐れがありますので気をつけましょう。

そして、この話を上司に盛って相談する悪質なケースもあります。

注意

自分の悪い部分を一度直しても、また別のことで陰口を言われた場合、相手はあなたのあら探しをするので振り回されないよう注意する

最初から仕事を完璧にできる人はいない

自分に非があって陰口や悪口を言われる場合、
未経験から仕事を初めてする人に多いです。

頭に入れておきたいのは、
最初から仕事を完璧にできる人はいません。

最初から仕事をそこそここなせる人は、
経験が多少ベースができている人です。

悪口や陰口を言う人だって、初めから完璧に仕事はできません。

それこそ、多様性ですぐに覚えてモノにできる人や何度も何度も頭に入れてようやくできる人もいます。

はじめから完璧!なんて人はいないよね。

最初こそ、仕事をこなすまで時間がかかる場合があります。

ですが、月日を経て確実に昨日の自分より成長して仕事ができるようになるので、

自分だけ仕事ができない。

責めずに最初は誰もが通る道。

陰口や悪口を言ってストレス発散に言っている人の程度が低いだけなので、
あなたはあなたの目標に向かって行動しましょう。

もしも、頼ることが多いから上司にも迷惑がかかっているのかなあ?
そんな時は頼られ過ぎる立場の視点から見ると勉強にことがあるので、参考にどうぞ

仕事で頼られるのが辛い時の解決策
仕事で頼られるのが辛い人ときの解決策

続きを見る

職場の悪口や陰口をやめさせる具体的な対処法2つ【行動編】

職場の陰口の対処法を知る女性

ここからは、具体的に行動を起こして職場の悪口や陰口をやめさせる方法になります。

職場の悪口や陰口が長引くと受け止め方やとらえ方を変えてもぶれてくるから要注意ですよ。

自分自身が悪口や陰口をムシするのが一番ですが、
勇気と行動をもって対処したいという方に向けた記事になります。

対処法は2つ。

職場の陰口をやめさせる具体的な行動

  • 会社の部署窓口や電話相談窓口にする
  • 転職を考える

会社の部署窓口や上司に相談する

会社の上司に相談する画像
職場での陰口や悪口が続けば続くほどあなたの仕事に悪い影響が出てしまうかも。

会社には社員が心も身体も元気な状態で働くことができるように配慮する義務があるからです。

会社が社内の相談窓口や報告できる部署がある場合は相談しましょう。

もしも、職場の悪口や陰口を言っている対象が上司ではない場合は上司に報告した方が良いでしょう。

そんな上司や相談窓口に報告する場合のポイントを4つをご紹介します。

  • 上司や窓口に報告する場合は感情的にならず、客観的に冷静な心をがける
  • 具体的にどのような悪口や陰口を言われているのかを伝える
  • 会社としてどのような対策をとってもらえるのか確認する
  • 報告後に陰口や悪口がおさまらない時、どんな対処をしたらよいのか確認する

上司によっては、いま置かれている状況より悪化する場合があります。

上司や窓口に相談するデメリットとして、精神的な体力を使うこと。

  • ただでさえ、心も体もボロボロなのにさらに体力を使う行為
  • 周りに言われて余計に関係が悪化する場合あり

大企業なら、サポート体制があるものの中小企業は守ってもらえない可能性の方が高いです。

その場合は、心や身体を壊す前に転職を視野に入れることをおすすめします。

悪化するリスクがあるから怖くて言えない…。

そんな気持ちになっちゃいますよね。

我慢を続けた場合、限界値を決めておかないとあなたの心をじわじわとむしばんでいく恐れがあるので注意が必要です。

転職サイトに登録する

転職まではまだ考えていない人にオススメなのが、求人を見ることです。

転職は考えなくても、見るだけで私は気分転換になりました。

転職サイトに登録だけするメリット

転職はまだ考えていないけど、求人サイトに登録するといいことって?
求人を見るだけでも今この職場よりは良い環境に出会えるチャンスがあるからです。

転職サイトに登録するだけなんですが、この時の私は現実逃避のツールとして利用していました。

dodaとらばーゆリクナビNEXTなど多くの求人に目を向けてみてください。

多くの求人に目を向けることによって、自分自身の目を磨いていくことが重要です。

自分自身の価値に気づいてください。

dodaとらばーゆリクナビNEXT

転職を考える

転職するイメージ画像

転職すると

自分が辞めたら周りに迷惑をかけてしまう

今の会社でもダメだったのに次の会社でもうまくいくのだろうか

ということを考えてしまいますよね。

たとえあなたが辞めたとしても、
会社は回っていくものです。

今の職場がダメだったとしても、
次の会社とは人の考え方も環境も大きく違います。

いろいろな職場で働いたから経験から言えることは、
働いていた職場の常識は常識ではありません。

キャリアカウンセリングも視点が変わる

でも、最悪な状況から脱出できるチャンスがあるけど、自分みたいな人雇ってくれる?
自分ではダメだ…と思っていても第三者視点だと気づくことも多いんです。
自分の価値なんて…と思う人はキャリアカウンセリングを受けるのも一つですよ。

キャリアカウンセリングも転職させられる!というイメージが多いですがそんなことはありません。

転職のプロだからこそ、自分に合っていない環境で仕事をするよりも自分の強みを見つけることができたり、
今の環境よりも良い職場を紹介してくれます。

特にクローズドの優良求人も紹介してくれるので、年収アップの可能性と人間関係のリセットが手に入ります。

今思うと本当にやってよかった。
私のオススメは親身に相談に乗ってくれたdodaさんとマイナビ転職さんでした。

 業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」

働く職場の常識はイコール職場全ての常識ではない

例えば、自分だけ先に帰るのは言語道断。

私は、周りのサポートをしてその仕事が終わるまで残業しなさいというルールがあったのが前の職場でした。

他にも有給休暇は代休で使うこと以外認めないなど会社の独自の理不尽なルールがたくさんあります。
これって常識と思っていたら危険です。

転職後、自分の担当は自分が責任をもってやるような職場だったり、
他の人の仕事は困った時に周りがサポートするような職場でした。

仕事に対する考え方や職場環境は働く場所や会社の方針によって大きく変わってきます。

転職によって得られるメリット

今の環境を確実に変えられること
今よりも良好な人間関係を作れる

これを良い機会として自分のやりたかった未経験の分野に挑戦するのか、

キャリアアップとして転職して収入もアップするのか。

あなたにとって良いチャンスではないでしょうか。

失敗しないためにも、将来の自分を見直す必要があります。

たとえ、転職に至らなかったとしても、
自分やいまの会社に就職した機会を見直す良いチャンスになります。

転職によって得られるデメリット

将来が未知数であること

もし、未経験業務や経験不問の求人を見る時は次の記事を参考にするとブラック企業の入社を防げます。

アイキャッチ画像-未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた
未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

続きを見る

転職することによって、やはり挑戦するリスクは必ずあります。
退職を言うのも勇気がいるなあ…。
上司に伝えづらい、周りに見つかったらどうしよう。
言うタイミングを間違えたら、またうわさや陰口を言われてしまうかも。

そう思う人は多いと思います。

特に周りの目に敏感になっている時はなおさらだよね。

そんな退職を伝えるのが怖いと感じたり辛い思う方は、退職代行といったサービスを使うことで解消できます。

怖い思いをするなら、お金で解決してさっさと辞めてしまいたい。

そんな人にもおすすめですが、最後の切り札として覚えておくだけでも気が楽になります。

スポンサー

退職代行はお守りとして有効

退職代行のなかでおすすめしたいのは、わたしNEXTの退職代行サービスです。

  • 残業代・退職金の交渉がしっかりしている
  • 残った有給休暇の消化が可能
  • 未払いの残業代も交渉可能

低価格な退職代行サービスだと残業代や退職金が出ない場合があります。
わたしNEXTJRAA(日本退職代行協会)認証で「特級認定」を取得しているので、安心できるでしょう。

デメリット


ナイトワーク(キャバクラ・風俗等)の退職代行はできない
LINEで相談後、会社との交渉は代行してくれるのが嬉しいポイント。

会社の悪口や陰口がもう限界値を越えて、最悪の状態に陥った時、こういった方法を使うことで回避できます。

もういやだ!職場の陰口悪口で自分が限界!

そんな限界はある日突然きます。

そういった時のお守りとして、知っておくだけで心が軽くなるので覚えておきましょうね。

早めに辞めた方がいい理由:トラウマになる場合あり

仕事を辞めて次の環境に移った時、私は前の職場でいじめられた夢をよく見るようになりました。

今の仕事環境は幸せいっぱいで、自由に仕事をすることができます。

が、

  • 寝る前に前の仕事であの時こうしていればよかった…

  • あの時なんで言い返せなかったんだろう…

そんな苦悩が今もずっと続いています。

いじめられた経験がある人は分かるかもしれませんが、

終わったけどいまだずっと引きずり続けるんですよね。

いじめられた側は忘れたくても忘れられず、心の傷が残ってえぐり続けています。
あれから、10年と少し。トラウマというほどではないのですが、悪夢はいまだに続いています。

辞めて次の仕事へ向かって、今の仕事とはサヨナラしたんですが、

いまだに前の職場でされたことや嫌だったことを思い出して

落ち込むことも多いです。

アイキャッチタイトル
参考昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう人へ。よい夢を見る方法とは

続きを見る

転職してから陰口や悪口を言う職場の異常に気づけた

転職は逃げだと思う人やもう年齢が転職に不利だと感じている人、
家族を抱えている人様々な事情があると思います。

ですが、転職を経験して様々な人間関係をみる内に、
あの職場は異常だったと気づけたことはとても大きかったです。

長い間、続けてきた分仕事の経験は積めましたが、それ以上に

自分の自信のなさや体調のことを考えると職場に7年もいる必要ってあったのかな

こう思うこともあります。

続けることが正しいのか辞めることが正しいのか。

心や身体を壊す前に一度、
何のための仕事なのかということをもう一度考え直しても良いかもしれません。

仕事がつらい。職場はしんどくて当たり前!

こう思っている人はこちらの記事を参考をすると、今の職場の異常性に気づけるかもしれません。

タイトルアイキャッチ
会社や仕事はしんどくて辛いのは当たり前?ツラくてしんどい時の解決策

職場の陰口や悪口が何気ない日常にも影響が出ることも

こんなことで仕事から逃げて次でやっていけるのだろうか。
人間関係はどこも一緒だからある程度は我慢しなきゃ。

そう思っていましたが、心が知らず知らずのうちにむしばまれた時、体や感情にも影響が出てきます。

ちょっとしたことでイライラしたり感情的になっていた原因は、仕事が影響していたのかと今さらながら思います。

職場の陰口や悪口の気づきにくい自身の影響

  • ちょっとしたことでイライラする
  • 夢中になれるものがなくなった
  • 仕事の陰口を気にしてから肌の調子が悪い
あーいつものストレスね。

なんて、あまり重要視しないために
自分ではスルーしてしまうことが多いです。

肌の調子が悪い!高い化粧品買っても全然良くならない!

こういう人は人間関係のストレスや、
食事をおろそかにしていないかなどに目を向けるのも一つです。

肌トラブルは元々の肌質やいろいろな要因があるかと思います。

あくまで参考程度に目を向けてみてくださいね。

職場の陰口が耐えられなくて退職。
後に気づいたこと

最後まで不安なまま退職しましたが、

退職後、感情がおだやかになったり、体調をはじめ肌の調子がとても良くなりました!(個人差あるかと思いますが(笑))

退職して良かった!

後から気づいたことは

  • 会社の独自のルールが存在して苦しめられたこと
  • 職場の力関係があって周りにビクビクしてたこと
  • 残業も多く睡眠時間も少なかったからまともな思考ができなかったこと
今思ったらやっぱり異常…。

それでも7年いたのは、周りから陰口を言われて

自分なんかに向いている仕事なんてあるはずない

思い込んで正常な判断ができないことでした。

決して7年が無駄とは思いませんが、

もうちょっと良い環境があったのでは…

と思います。

【まとめ】悪口や陰口を言う会社に働き続ける価値はない

職場で助け合う人たち

職場での悪口や陰口というのをなくすということはとても難しいことです。

最後にお伝えしたいことは、陰口や悪口をいう職場で働き続けることがつらいと感じるのであれば、
それはあなたにとってもっと良い会社にめぐり合えるチャンスなのかもしれない

ということです。

私はいろいろな職場で働いたり、仕事の悩みを聞いたりする実体験を通して言えるのは、

悪口や陰口を言う職場というのは、成長の見込めない会社といっても過言ではありません。

実際、残業が多く他人の陰口ばかり言う会社で働いていましたが、
その会社は別会社に吸収されてさらに要求の厳しい過酷な環境の中で働き続けていました。

とある会社の社長と面談したときに

悪口や陰口をなくすにはどうしたらいいですか?

と質問したことがありました。

グチは思考停止させ自分の成長も止めてしまう。
言いたくなったら、その問題を解決するためにどうしたらいいのか考えることが大切だ

とおっしゃっていました。

良い会社、成長している会社であれば、悩みが発生したときは誰かが助けてくれるもの。

悪口や陰口が当たり前のように行われる職場で、
勤務中にいない人の悪口を楽しそうに話す上司や同僚。

そんな人たちに対して、誰も助けてくれる人がいなければ、その会社には未来はありません。

実際、私の働いていた職場のようにね。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

もし、つらい…苦しいなんていうことがあればお気軽にコメントを寄せて頂けると嬉しいです。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

私の場合職場を離れた後も、

  • 自己肯定感の低さはしばらく続く
  • 褒められると裏があるのでは?と素直に信じられない
  • けなされてそうだよね…と安心してしまう

けなされて安心してしまうと、再就職しても人間関係でまた苦労をしてしまい悪循環が続きます。

この考え方を変えるためにも、早めに転職した方がいいよ(それぞれの事情があるので強くは進めませんが)とお伝えします。

職場の陰口や悪口を言われて転職した後も、自己肯定感の低さは仕事を辞めた後もずっと続く地獄。

実は、メリットも転職をして別の仕事に就いて初めて気づけたことです。それまでは仕事もできないダメな自分と思いこんでいました。

陰口や悪口を言われても続けた時のメリット

メリット

  • 忍耐力が付く
  • 我慢強くなる
  • 仕事ができるようになった

忍耐力や我慢強くなったことと、最終的にその陰口を言う上司は退職しました。

7年間仕事にいて、仕事ができるようになったことと転職する時に早期退職しなかったために面接でも7年も頑張ってたんだねと評価は高かったです。

陰口や悪口を言われても続けた時のデメリット

デメリット

  • 自分に自信がなくなる
  • 周りの反応に過剰になる
  • 自分なんてダメだと思って落ち込んでしまう。
  • プライベートで関係のない人が内緒話をしていると自分のことを言われてるのではないかと人間不信になる

メリットの一方で、デメリットは非常に大きなものでした。

自分に自信がなくなる

普段親しい友人や自分に自信もないあまり、多様性や個性の違いを自分とは違うことと否定された気持ちが一緒になって落ち込んでしまうことがありました。

決して友人が悪いわけではなく、

  • 肯定されなかったら自分の意見を否定されている勘違いがおきる
  • マウンティングされる友人を引き寄せる

その職場を離れ、年月が経った今だから客観的にみることができますが、その渦中にいると否定された!という悲しみが多かったです。

そして自信をなくした人のデメリットがもう一つ。

自信がないとマウンティングされやすい特徴の一つでもあり、知らず知らずのうちにマウンティングする人を引き寄せてしまうので注意が必要です。

マウントされやすい人の特徴

周りの反応を気にしすぎる

周りの評価や反応を異常に気にしてしまうこと。

  • 周りと違うのは当たり前なのに普通じゃないと思ってしまう
  • みんなの輪に入れず一人ぼっちになるのではないか
  • 自分の悪い方向にもっていく癖がある
  • 周りと比較して落ち込む

という突拍子なマイナス思考や不安でどうしよう…という気持ちにかられるんです。

周りからこう思われてるからとか、周りに追いつかないと!と周りを比較しすぎて落ち込んでしまう。

周囲と比べすぎて、落ち込んで自信をなくしてしまうという悪循環に陥ってきます。

自分なんてダメだと落ち込んで恨みを抱く

その渦中にいるとツライ・しんどい・泣きたい気持ちがあるのですが、

  • その職場の陰口から離れた時、数年の恨みや嫌な思いがふつふつとわいてくる

落ち込むのも大変なんですが、この恨みという感情は非常にやっかいです。

なぜなら、

  • 年数を重ねると、他人を恨む気持ちや嫌な思い(ネガティブループ)から抜け出せなくなるから。
もう我慢するのつらい!

恨む気持ちは、陰口や辛い思いをしている時は感じにくいんですが、(私の場合)

いざ職場から離れると何年も何年も悪夢のようにやってきます。

特に職場から離れて幸せになったときにふとやってきます。

陰口や悪口を言われてようやく自己肯定感は何年もかけて戻ってきますが、

恨む気持ちの決別はまだまだ時間がかかりそうです。

自分なんてダメだと思った時の対処法

リクナビNEXTやストレングスファインダーで自分の強みをとにかく見つけて自信をすこしずつ取り戻すこと!

リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分の強みや得意なことを発見して、
少しずつ自分に対する自信を取り戻してきました。

ですが、即効性はなく徐々にゆっくり取り戻していくことが大切です。

転職の時の自己PRにできることだけではなく、自分の自己肯定感を取り戻す作業のひとつとして使ってました。

内緒話に敏感になる

周りがヒソヒソなにかを話すと

自分が悪いことをしたのではないか

と落ち込んだり、周りから見た自分を常に意識していました。

退職しても、

我慢し続けたせいで恨む気持ちやあの時ああしていれば…

過去にとらわれた感覚が残って意味もなく落ち込んだり疲れた気持ちになってしまうのです。

もう終わったことを繰り返し思い出してしまうジレンマ…

スポンサー

自分に非があったとしても悪口や陰口を言う人が悪い

自分の悪い部分があった場合、欠点を直すきっかけにもなります。

注意してほしいのは、一度直してもまた別のことをチクリチクリと陰で言われた場合。

自分が相手の言う通りに変わろうとしても、
相手はまたあなたのあら探しをする場合もあるので要注意です。

その場で指摘されるなら良いのですが、
その人に振り回される恐れがありますので気をつけましょう。

そして、この話を上司に盛って相談する悪質なケースもあります。

注意

自分の悪い部分を一度直しても、また別のことで陰口を言われた場合、相手はあなたのあら探しをするので振り回されないよう注意する

最初から仕事を完璧にできる人はいない

自分に非があって陰口や悪口を言われる場合、
未経験から仕事を初めてする人に多いです。

頭に入れておきたいのは、
最初から仕事を完璧にできる人はいません。

最初から仕事をそこそここなせる人は、
経験が多少ベースができている人です。

悪口や陰口を言う人だって、初めから完璧に仕事はできません。

それこそ、多様性ですぐに覚えてモノにできる人や何度も何度も頭に入れてようやくできる人もいます。

はじめから完璧!なんて人はいないよね。

最初こそ、仕事をこなすまで時間がかかる場合があります。

ですが、月日を経て確実に昨日の自分より成長して仕事ができるようになるので、

自分だけ仕事ができない。

責めずに最初は誰もが通る道。

陰口や悪口を言ってストレス発散に言っている人の程度が低いだけなので、
あなたはあなたの目標に向かって行動しましょう。

もしも、頼ることが多いから上司にも迷惑がかかっているのかなあ?
そんな時は頼られ過ぎる立場の視点から見ると勉強にことがあるので、参考にどうぞ

仕事で頼られるのが辛い時の解決策
仕事で頼られるのが辛い人ときの解決策

続きを見る

職場の悪口や陰口をやめさせる具体的な対処法2つ【行動編】

職場の陰口の対処法を知る女性

ここからは、具体的に行動を起こして職場の悪口や陰口をやめさせる方法になります。

職場の悪口や陰口が長引くと受け止め方やとらえ方を変えてもぶれてくるから要注意ですよ。

自分自身が悪口や陰口をムシするのが一番ですが、
勇気と行動をもって対処したいという方に向けた記事になります。

対処法は2つ。

職場の陰口をやめさせる具体的な行動

  • 会社の部署窓口や電話相談窓口にする
  • 転職を考える

会社の部署窓口や上司に相談する

会社の上司に相談する画像
職場での陰口や悪口が続けば続くほどあなたの仕事に悪い影響が出てしまうかも。

会社には社員が心も身体も元気な状態で働くことができるように配慮する義務があるからです。

会社が社内の相談窓口や報告できる部署がある場合は相談しましょう。

もしも、職場の悪口や陰口を言っている対象が上司ではない場合は上司に報告した方が良いでしょう。

そんな上司や相談窓口に報告する場合のポイントを4つをご紹介します。

  • 上司や窓口に報告する場合は感情的にならず、客観的に冷静な心をがける
  • 具体的にどのような悪口や陰口を言われているのかを伝える
  • 会社としてどのような対策をとってもらえるのか確認する
  • 報告後に陰口や悪口がおさまらない時、どんな対処をしたらよいのか確認する

上司によっては、いま置かれている状況より悪化する場合があります。

上司や窓口に相談するデメリットとして、精神的な体力を使うこと。

  • ただでさえ、心も体もボロボロなのにさらに体力を使う行為
  • 周りに言われて余計に関係が悪化する場合あり

大企業なら、サポート体制があるものの中小企業は守ってもらえない可能性の方が高いです。

その場合は、心や身体を壊す前に転職を視野に入れることをおすすめします。

悪化するリスクがあるから怖くて言えない…。

そんな気持ちになっちゃいますよね。

我慢を続けた場合、限界値を決めておかないとあなたの心をじわじわとむしばんでいく恐れがあるので注意が必要です。

転職サイトに登録する

転職まではまだ考えていない人にオススメなのが、求人を見ることです。

転職は考えなくても、見るだけで私は気分転換になりました。

転職サイトに登録だけするメリット

転職はまだ考えていないけど、求人サイトに登録するといいことって?
求人を見るだけでも今この職場よりは良い環境に出会えるチャンスがあるからです。

転職サイトに登録するだけなんですが、この時の私は現実逃避のツールとして利用していました。

dodaとらばーゆリクナビNEXTなど多くの求人に目を向けてみてください。

多くの求人に目を向けることによって、自分自身の目を磨いていくことが重要です。

自分自身の価値に気づいてください。

dodaとらばーゆリクナビNEXT

転職を考える

転職するイメージ画像

転職すると

自分が辞めたら周りに迷惑をかけてしまう

今の会社でもダメだったのに次の会社でもうまくいくのだろうか

ということを考えてしまいますよね。

たとえあなたが辞めたとしても、
会社は回っていくものです。

今の職場がダメだったとしても、
次の会社とは人の考え方も環境も大きく違います。

いろいろな職場で働いたから経験から言えることは、
働いていた職場の常識は常識ではありません。

キャリアカウンセリングも視点が変わる

でも、最悪な状況から脱出できるチャンスがあるけど、自分みたいな人雇ってくれる?
自分ではダメだ…と思っていても第三者視点だと気づくことも多いんです。
自分の価値なんて…と思う人はキャリアカウンセリングを受けるのも一つですよ。

キャリアカウンセリングも転職させられる!というイメージが多いですがそんなことはありません。

転職のプロだからこそ、自分に合っていない環境で仕事をするよりも自分の強みを見つけることができたり、
今の環境よりも良い職場を紹介してくれます。

特にクローズドの優良求人も紹介してくれるので、年収アップの可能性と人間関係のリセットが手に入ります。

今思うと本当にやってよかった。
私のオススメは親身に相談に乗ってくれたdodaさんとマイナビ転職さんでした。

 業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」

働く職場の常識はイコール職場全ての常識ではない

例えば、自分だけ先に帰るのは言語道断。

私は、周りのサポートをしてその仕事が終わるまで残業しなさいというルールがあったのが前の職場でした。

他にも有給休暇は代休で使うこと以外認めないなど会社の独自の理不尽なルールがたくさんあります。
これって常識と思っていたら危険です。

転職後、自分の担当は自分が責任をもってやるような職場だったり、
他の人の仕事は困った時に周りがサポートするような職場でした。

仕事に対する考え方や職場環境は働く場所や会社の方針によって大きく変わってきます。

転職によって得られるメリット

今の環境を確実に変えられること
今よりも良好な人間関係を作れる

これを良い機会として自分のやりたかった未経験の分野に挑戦するのか、

キャリアアップとして転職して収入もアップするのか。

あなたにとって良いチャンスではないでしょうか。

失敗しないためにも、将来の自分を見直す必要があります。

たとえ、転職に至らなかったとしても、
自分やいまの会社に就職した機会を見直す良いチャンスになります。

転職によって得られるデメリット

将来が未知数であること

もし、未経験業務や経験不問の求人を見る時は次の記事を参考にするとブラック企業の入社を防げます。

アイキャッチ画像-未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた
未経験者歓迎や経験不問の求人って釣り?ウソ?その言葉の意味を調べてみた

続きを見る

転職することによって、やはり挑戦するリスクは必ずあります。
退職を言うのも勇気がいるなあ…。
上司に伝えづらい、周りに見つかったらどうしよう。
言うタイミングを間違えたら、またうわさや陰口を言われてしまうかも。

そう思う人は多いと思います。

特に周りの目に敏感になっている時はなおさらだよね。

そんな退職を伝えるのが怖いと感じたり辛い思う方は、退職代行といったサービスを使うことで解消できます。

怖い思いをするなら、お金で解決してさっさと辞めてしまいたい。

そんな人にもおすすめですが、最後の切り札として覚えておくだけでも気が楽になります。

スポンサー

退職代行はお守りとして有効

退職代行のなかでおすすめしたいのは、わたしNEXTの退職代行サービスです。

  • 残業代・退職金の交渉がしっかりしている
  • 残った有給休暇の消化が可能
  • 未払いの残業代も交渉可能

低価格な退職代行サービスだと残業代や退職金が出ない場合があります。
わたしNEXTJRAA(日本退職代行協会)認証で「特級認定」を取得しているので、安心できるでしょう。

デメリット


ナイトワーク(キャバクラ・風俗等)の退職代行はできない
LINEで相談後、会社との交渉は代行してくれるのが嬉しいポイント。

会社の悪口や陰口がもう限界値を越えて、最悪の状態に陥った時、こういった方法を使うことで回避できます。

もういやだ!職場の陰口悪口で自分が限界!

そんな限界はある日突然きます。

そういった時のお守りとして、知っておくだけで心が軽くなるので覚えておきましょうね。

早めに辞めた方がいい理由:トラウマになる場合あり

仕事を辞めて次の環境に移った時、私は前の職場でいじめられた夢をよく見るようになりました。

今の仕事環境は幸せいっぱいで、自由に仕事をすることができます。

が、

  • 寝る前に前の仕事であの時こうしていればよかった…

  • あの時なんで言い返せなかったんだろう…

そんな苦悩が今もずっと続いています。

いじめられた経験がある人は分かるかもしれませんが、

終わったけどいまだずっと引きずり続けるんですよね。

いじめられた側は忘れたくても忘れられず、心の傷が残ってえぐり続けています。
あれから、10年と少し。トラウマというほどではないのですが、悪夢はいまだに続いています。

辞めて次の仕事へ向かって、今の仕事とはサヨナラしたんですが、

いまだに前の職場でされたことや嫌だったことを思い出して

落ち込むことも多いです。

アイキャッチタイトル
参考昔の職場の悪夢を見て疲れてしまう人へ。よい夢を見る方法とは

続きを見る

転職してから陰口や悪口を言う職場の異常に気づけた

転職は逃げだと思う人やもう年齢が転職に不利だと感じている人、
家族を抱えている人様々な事情があると思います。

ですが、転職を経験して様々な人間関係をみる内に、
あの職場は異常だったと気づけたことはとても大きかったです。

長い間、続けてきた分仕事の経験は積めましたが、それ以上に

自分の自信のなさや体調のことを考えると職場に7年もいる必要ってあったのかな

こう思うこともあります。

続けることが正しいのか辞めることが正しいのか。

心や身体を壊す前に一度、
何のための仕事なのかということをもう一度考え直しても良いかもしれません。

仕事がつらい。職場はしんどくて当たり前!

こう思っている人はこちらの記事を参考をすると、今の職場の異常性に気づけるかもしれません。

タイトルアイキャッチ
会社や仕事はしんどくて辛いのは当たり前?ツラくてしんどい時の解決策

職場の陰口や悪口が何気ない日常にも影響が出ることも

こんなことで仕事から逃げて次でやっていけるのだろうか。
人間関係はどこも一緒だからある程度は我慢しなきゃ。

そう思っていましたが、心が知らず知らずのうちにむしばまれた時、体や感情にも影響が出てきます。

ちょっとしたことでイライラしたり感情的になっていた原因は、仕事が影響していたのかと今さらながら思います。

職場の陰口や悪口の気づきにくい自身の影響

  • ちょっとしたことでイライラする
  • 夢中になれるものがなくなった
  • 仕事の陰口を気にしてから肌の調子が悪い
あーいつものストレスね。

なんて、あまり重要視しないために
自分ではスルーしてしまうことが多いです。

肌の調子が悪い!高い化粧品買っても全然良くならない!

こういう人は人間関係のストレスや、
食事をおろそかにしていないかなどに目を向けるのも一つです。

肌トラブルは元々の肌質やいろいろな要因があるかと思います。

あくまで参考程度に目を向けてみてくださいね。

職場の陰口が耐えられなくて退職。
後に気づいたこと

最後まで不安なまま退職しましたが、

退職後、感情がおだやかになったり、体調をはじめ肌の調子がとても良くなりました!(個人差あるかと思いますが(笑))

退職して良かった!

後から気づいたことは

  • 会社の独自のルールが存在して苦しめられたこと
  • 職場の力関係があって周りにビクビクしてたこと
  • 残業も多く睡眠時間も少なかったからまともな思考ができなかったこと
今思ったらやっぱり異常…。

それでも7年いたのは、周りから陰口を言われて

自分なんかに向いている仕事なんてあるはずない

思い込んで正常な判断ができないことでした。

決して7年が無駄とは思いませんが、

もうちょっと良い環境があったのでは…

と思います。

【まとめ】悪口や陰口を言う会社に働き続ける価値はない

職場で助け合う人たち

職場での悪口や陰口というのをなくすということはとても難しいことです。

最後にお伝えしたいことは、陰口や悪口をいう職場で働き続けることがつらいと感じるのであれば、
それはあなたにとってもっと良い会社にめぐり合えるチャンスなのかもしれない

ということです。

私はいろいろな職場で働いたり、仕事の悩みを聞いたりする実体験を通して言えるのは、

悪口や陰口を言う職場というのは、成長の見込めない会社といっても過言ではありません。

実際、残業が多く他人の陰口ばかり言う会社で働いていましたが、
その会社は別会社に吸収されてさらに要求の厳しい過酷な環境の中で働き続けていました。

とある会社の社長と面談したときに

悪口や陰口をなくすにはどうしたらいいですか?

と質問したことがありました。

グチは思考停止させ自分の成長も止めてしまう。
言いたくなったら、その問題を解決するためにどうしたらいいのか考えることが大切だ

とおっしゃっていました。

良い会社、成長している会社であれば、悩みが発生したときは誰かが助けてくれるもの。

悪口や陰口が当たり前のように行われる職場で、
勤務中にいない人の悪口を楽しそうに話す上司や同僚。

そんな人たちに対して、誰も助けてくれる人がいなければ、その会社には未来はありません。

実際、私の働いていた職場のようにね。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

もし、つらい…苦しいなんていうことがあればお気軽にコメントを寄せて頂けると嬉しいです。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

昼食は外で食べることによって、気分転換ができます。

  • 悪口や陰口が横行している場所から離れてリフレッシュできる
  • 一時的ではあるが、外の空気を吸うだけでも気分転換できる

昼からも乗り切りたい!という人は栄養剤で一時的に補給することによってその日を乗り切ることができます。

気をつけたいのは、一時的なものに過ぎないので長期的の場合は根本的な見直しが必要です。

自分が壊れる前に限界値を決めておく

自分の限界を考える女性

とらえ方や相手を気にしないと思っていても、職場で陰口を言われ続けている環境に身を置くと心も身体もかなりのダメージが蓄積されます。

私は7年間陰口や悪口を言われた環境に身を置いた経験がありますが、メリット以上にデメリットも大きかった<