転職に関する悩み

【職業訓練の先生に聞いてみた】職業訓練の筆記・面接で合格する方法

  1. HOME >
  2. 転職に関する悩み >

【職業訓練の先生に聞いてみた】職業訓練の筆記・面接で合格する方法

タイトル:職業訓練の筆記・面接で合格する方法

職業訓練を通じて、仕事を見つけたミオンです。

私の職業訓練はプログラマーやWebデザイナーを育成する学校で、プログラマーとして1年で在宅勤務ができました。

人気のプログラマーや人気のWebデザイナーの学校に合格できたんだろう?

今回は、学校の先生と親しかったのもあり、職業訓練の筆記や面接で合格した理由を教えて頂きました。

これから職業訓練を受験する上で参考程度に見て頂けると幸いです。

では、早速みていきましょう♪

スポンサー

時期によって倍率が増減する

試験を受けている女性

職業訓練は受講するコース、場所、受講する時期によって倍率が多く変動します

倍率が高くなる要因

  • ボーナスをもらってから退職して職業訓練を受講する人
  • 年度末まで働く人(4月から職業訓練を受講する人)

1月・4月・9月は全体的に受講数は他の月に比べて増加傾向にあります。

どうしても受講したいコースがあれば、開始時期が次の月もある見込みがあれば時期をずらすのも一つです。

ですが、定員割れの場合でも適さない人物であれば不合格になる恐れもあるので注意が必要です。

スポンサー

職業訓練を合格する上で重視されてるポイント3つ

PCの前でメモを取る女性

まず、職業訓練で合格する上で重視されているのが3つ。

  • ジョブカード
  • 筆記試験
  • 面接

優先順位だと、一番が面接、次にジョブカードでした。

スポンサー

職業訓練で筆記・面接以外で重視されたジョブカード

ジョブカード(キャリアプランシート)の提出は、ハローワークと職業訓練校の合否の結果にも影響します。

なのでしっかり記載しましょう。

ジョブカードってなあに?

簡単にまとめると、職務経歴書のようなものです。

実際のジョブカードはこちら。

ジョブカード

ジョブカードはこういった自己分析や就職の職種の希望や働き方について記載されたカードになります。

職業訓練の能力を身に付けて、どんな仕事でどんな働くイメージを明確にしているのか具体的になっているかが評価されるポイントなので、しっかりと書いておきましょう。

  • 前職のキャリアと棚卸し
  • 自分の強みや価値観
  • これからの職業生活の設計

これからどんな仕事に就きたいか、その仕事に就くためにどんなことをすべきかなどを具体的に書いておくとよいでしょう。

シートはハローワークの人からもらえるので相談してくださいね。

ジョブカードで職業訓練に合格できる3つのコツ

文章が少なすぎても、ハローワークの人からもう少し書いてくださいと言われることもあるそうです。

書く上でポイントはこちら。

  1. 仕事として受講したいと思っている内容かどうか
  2. 就職する将来設計が具体的に書けているかどうか
  3. 受講するコースと関連性があるかどうか

合格のコツはしっかり文章であなたの熱意を伝えること。

未経験の人も今までの仕事と関係のない職種から受講する人もしっかりと職業訓練に受講したい熱意を伝えてください。

スポンサー

職業訓練に合格するための筆記対策

紙に書いて勉強している図

実際どんな問題が出てきたか。これは受講するコースによって変わってくる場合があります。

私の場合はプログラマー・Webデザイナーを目指すコースに応募。どんな問題が出てきたかというと、

  • 中学程度の問題 
  • PCの基礎知識
事前には勉強はしていませんでした。

PCの基礎知識はどんな質問が出てきたの?

Webデザイナー・プログラマー

OSやファイルや周辺知識、CPUやHDDのハードウェア部分の仕組みが数問出題。

また、デザイン関係はデザインに関する問題が出る場合があります。

学校オリジナルで問題集を作っている場合もあります。

余裕があれば、事前に見学会に行くとよいでしょう。

傾向を教えてもらえたり、受講したい気持ちをアピールすると加点対象になることもあるそうです。

あくまで私の受講した訓練校のお話で学校によります

筆記試験の見ているポイント

PCの基礎知識に関しては、点数は加点式でした。

分からない問題が出てきても、空欄のままにせず記述することをおすすめします。

職業訓練の面接に合格するための対策

服装はスーツが基本です。(重要!)

私は、スーツではなく正装でしたが合格できました。

フォーマルなきれい目な服装で面接を行いました。

まさかスーツが必須だと知らなかった。

スーツじゃなくてもいいんだ!ではなく、スーツを着ましょう

スポンサー

職業訓練で面接官に聞かれた質問と面接対策

男性が女性に教えている図

実際に面接で聞かれた質問を例に面接官が見ているポイントをご紹介します。

実際に面接で質問されたこと4つはこちら。

  • 今までの職歴・自己PRをお願いします。
  • この訓練コースを受講しようと思った理由
  • 独学で勉強したかどうしてつまづいたのか
  • このコースを卒業してどんな仕事に就きたいか

独学の勉強内容とどうしてつまづいてしまったのか具体的に質問されました。

仕事については、職業訓練のコースではない仕事も視野にいれていますか?という質問もありました。

実際に答えた内容

  • 独学でエラーでつまづいた内容を完結に答えた
  • 就職優先なので、見つからない場合は職業訓練以外の仕事も視野に入れていると答えた

一番ポイントが高かったのは就職を目的にしているところが高く評価してもらったのかなと思います。

結果から面接で見ているポイントを5つ

  • 面接期間内または早期に就職できそうか
  • 周りとのコミュニケーション能力に問題はないか
  • 希望の職種と受講する職業訓練がマッチしているか
  • 興味を持って受講するコースを勉強しているか
  • 受講内容に不満がないか

訓練校は就職するための学校なのでその理解があるかの念押しの質問や同意できますか?というお話がありました。

友人や知人の職業訓練の全体の傾向として、3つを押さえることが合格の基準なのかなと思います。

  • あくまで就職することが目標だということを理解しているかどうか。
  • 受けるコースのミスマッチがないか
  • 先生や同じ受講する子とうまくやっていけるか

上記を踏まえて、しっかりと意思を面接官に伝えることが大切です。

職業訓練の採用担当に聞いた最も重視している点は3つ

リモートで授業を受ける光景

実際、先生と仲良くなったので、聞いてみました。

私の学校では3つが最重要ポイントでした。

  • 受講するコースに関わらず早期に就職できるかどうか
  • 周りとのコミュニケーションやトラブルが起きない人材かどうか
  • 趣味レベルではないか

学校によって採用基準が前後したり、他にも重視されているポイントが違います。

就職に関しては、受講したコース関係なく就職率に目を向けていた印象でした。

趣味レベルかというのは、就職を考えていないかどうかを基準にしていると考えています。

不合格・落とした例

  • 訓練内容を把握していない人
  • プログラマー・WebデザイナーコースでPCの知識が乏しい人
  • 事務系の場合、あきらかについていくのが厳しい人
  • 趣味レベルなのか仕事として役立てたいのかあいまいな人
  • 資格や技術習得が目的になっていないか

入校させて後悔した例

  • 内容に満足できず、授業を妨害した
  • 面接で見抜けず、趣味レベルで仕事のつなぎだった

協調性や就職する意思があると判断しても、本質まで見抜くことは難しいそうです。


スポンサー

面接を通過できたクラスメイトとの合格した共通点

学校で女性が笑顔で立っている

応募した人数は定員20人に対して27人でした。

実際に合格した人との共通点を分析してみました。

合格した人の共通点

不合格の人の面接を聞いたわけではありませんが、合格した人の共通点を分析みました。

  • 就職に対して前向き
  • 協調性がある(問題を起こさない人かどうか)
  • 受講するコースに対して勉強する意思がある

その訓練に関わる仕事をしてきた人を落とす学校もあるそうです。

私の受講する学校では就職率が一番に重視され、その次に先生や周りの人に迷惑をかけないか(協調性があるか)を見ていました。

実際にWebデザイナーとして働いていたけれど、プログラマーとして働きたい人もいました。ですが全くの未経験の人の割合が多かったです。

合格した年齢層について

クラスは20代から50代まで様々な年齢の方がいました。

特に20代から30前半が多く、次に30代後半40代、50代でした。

私の学校では、職業訓練の選考面接を受ける前から就職活動しているかどうかを優先して合格を出していたと思われます。

なぜなら、実際に合格して入学前に2人が就職し退校したからです。
(学校の就職率の基準も非常に厳しかったみたいです。)

合格した年齢別でアピールポイントは以下の通りです。

  • 20代の場合は、熱意ややる気。
  • 30代は、経験や職歴からどうして受講したコースを受けようと思ったきっかけをつなげれるか。
  • 40代以降は、訓練を受ける理由が経験や職歴から就職につなげることができるかどうか。

年齢によってそれぞれ合格アピールする強みは違いますが、いかに差別化して自分の強みを伝えられるかがカギになります。

不合格でも落ち込む必要はない

女学生が教科書を開いて座っている

不合格でも落ち込む必要はありません。

面接官も5-10分の面接でその人の本質を見抜けないからです。

実際、私の学校のように合格を出して授業崩壊するパターンもありえます。

なので、不合格になっても自分には向いていないからというわけでは決してありません。

友人の訓練校では職歴が素晴らしく、うちの学校で学ぶよりすぐに就職口が見つかるのではないか。

だから他のできない人を合格させてあげようという意見もあるそうです。

もしも、面接が思うようにうまくアピールできなかった人はこちらの記事も参考にしてください。

職業訓練の面接がボロボロ。落ちた時の対応策(プログラマー・Webデザイナー・事務)
職業訓練の面接がボロボロ。落ちた時の対応策【事務・プログラマー・Webデザイナー 】

続きを見る

もしも不合格になった場合覚えてほしいこと

花で顔を隠す女性

不合格になった場合、不合格が決定した後に別の訓練校へ受験することができます。

タイミングによっては、次の月に開校する似たコースの受験が可能になる場合があります。

合否の通知が来たタイミングは学校によって違うので注意が必要です。

不合格になった場合の2つの対処法を解説します。

ハローワークに相談し、別の学校を斡旋してもらう

不合格になった場合は、すぐにハローワークに相談すること。

不合格になった場合、別の学校に似たコースがあれば受けることが可能です。

1カ月先に同じコースが開校される場合、就職活動を続けながらもう一度受けることも可能です。

対応が早ければ、タイミング次第で別の学校のコースを受けることができるので相談はお早めに。

独学で勉強する

独学で勉強してもつまることがあるから学校で勉強したいのに

事務系の資格取得を目指す人はユーキャンをおすすめします。

資格から趣味まで幅広く取り扱っています。

外出しながらスキマ時間も活用できるオンラインでの勉強Webサイトからも質問ができ、合格までのスケジュールもしっかりサポートしてくれるので、

挫折せず続けられるサービスとなっています。

資料請求も紙とWeb両方あるので、お好きな形で資料請求ができます。

職業訓練を受ける前でもどんなイメージで資格を取得するのか、ロードマップとしても参考になります。

資料請求は無料なので、合格までのイメージや何が必要かイメージしやすいのでとても便利です。

生涯学習のユーキャン


プログラマーやWebデザイナーを目指す人は、Udemy で勉強するのも一つです。

通常価格ではなくセール期間で購入すると、25000円のコースが1500円になるなど大変お得です。

基礎から応用まで動画を通して丁寧に解説できますし、分からないことは作者本人にも聞けるので独学でもつまづきにくいのでオススメです。

ポートフォリオ作りにも大変役立つので、転職の手助けにもつながります。

私も学校に通いながら、Udemyでポートフォリオを作ったよ

Webデザインの知識からプログラミング言語の習得、ブログのWebマーケティングの知識まで幅広く取り扱っているので、やる気さえあれば独学で習得可能です。

Webデザインやプログラミング言語以外にも簿記2級の資格講座やExcelやWordの勉強もそろっています。

また、職業訓練を受けようと思っている人も受講すると、面接対策でアピールすると勉強に対して意欲的だと評価も上がります。

就職する場合に、ポートフォリオ作りにも役立つのでぜひ活用しましょう。

まとめ

飲み物とノートと花

職業訓練の倍率や学校によって合格基準はさまざまです。

注意したいのは定員割れでも全員が必ず合格するわけではありません。

職業訓練に適した人物ではない場合、不合格になる場合もあります。

その点を踏まえて、職業訓練の面接対策、書類対策をしっかりしておきましょう。

ブログ村に参加中です。
応援して頂けると今後の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

  • この記事を書いた人

ミオン

DTPオペ、テクニカルライター、事務職経験。 現在はフルリモートのプログラマー。 転職や派遣を含め5回以上を経験。書類応募や面接は100社以上。 結果として、いま自分の好きな仕事を見つけ楽しく働いています。 経験談を元に、人間関係の悩みや事務職転職のアドバイスを発信しています。

-転職に関する悩み